ひたすら映画を観まくるブログ

映画やアニメについて書いています

『ジョン・ウィック』を観た

キアヌ・リーブスが犬を殺された怒りを爆発させる映画『ジョン・ウィック』について。

『キングスマン』を観た

『キングスマン』はコリン・ファースが大暴れするシーンが最高です!

はじめまして

タイプ・あ~ると申します。 今まで「はてなダイアリー」で記事を書いていましたが 間もなくサービスが終了するとのことで 2019年からはこちらの「はてな」ブログで書くことにしました。 まだ操作に慣れていませんがボチボチやっていこうと思うので よろしく…

『ゲティ家の身代金』ネタバレ感想

リドリー・スコット監督の最新作『ゲティ家の身代金』は、実際に起きた誘拐事件を元に作られたサスペンス映画です。1973年、イタリア・ローマでアメリカ人のジョン・ポール・ゲティ三世が誘拐されました。やがて犯人から身代金が要求されるのですが、その額…

映画映画ベストテン!

どうも、管理人のタイプ・あ〜るです。いよいよ2018年も残すところ後2週間ほどになりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?さて、毎年この時期になるとワッシュさん(ブログ「男の魂に火をつけろ!」の管理人様)が「好きな映画ベストテンを選ぶ企画」…

ジョン・ウー監督『マンハント』(ネタバレ)

ジョン・ウー監督の最新作『マンハント』は、高倉健主演の日本映画『君よ憤怒の河を渉れ』(1976年)のリメイクです。『君よ憤怒の河を渉れ』は過去に中国で大ヒットを記録しており、さらにジョン・ウー監督も高倉健の大ファンで「いつか健さんの映画をリメ…

クリント・イーストウッド『15時17分、パリ行き』(ネタバレ)

優れた俳優であると同時に、素晴らしい映画監督として数々の傑作を世に送り出してきたクリント・イーストウッド。そんなイーストウッド監督の最新作『15時17分、パリ行き』は、2015年8月21日に発生した『タリス乱射事件』を映画化した、いわゆる「実話もの」…

『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(ネタバレ)

スティーブン・スピルバーグ監督の『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』はいい映画でしたねえ。1971年、政府によって長らく秘匿されてきたベトナム戦争の最高機密文書「ペンタゴン・ペーパーズ」がニューヨーク・タイムズによってスクープされ、ニクソン…

映画『デトロイト』に見る現実のデトロイト(ネタバレ)

キャスリン・ビグロー監督の新作『デトロイト』は、1960年代のデトロイトで実際に起きた事件を忠実に描いた社会派ドラマです。当時、デトロイトの黒人は人口過密な居住区に住まされ、暴力的な白人警官によって不当な逮捕や激しい暴行を受け続けていました。…

今年も残りあとわずかですが…

どうも、管理人のタイプ・あ〜るです。最近、更新が滞りがちになってて申し訳ありません(^^;)ふと気づけば今年も残りあと1か月ちょいになっているにもかかわらず、観た映画の感想がほとんど書けていないという情けない有様です、トホホ。正直、映画は観てる…

なぜ『紅の豚』のヒロインの服はチェック柄なのか?

どうも、管理人のタイプ・あ〜るです。 本日、金曜ロードショーで宮崎駿監督の『紅の豚』が放送されます。豚の姿をした主人公のポルコ・ロッソが、イタリアの空を舞台に愛用の飛行艇で存分に活躍する様を描いた本作は、配給収入27億円を超える大ヒットを記録…

『もののけ姫』のタタリ神はどうして手描きなのか?

どうも、管理人のタイプ・あ〜るです。 先日、金曜ロードショーで宮崎駿監督の大ヒット映画『もののけ姫』が放送されました。「何度目だ?」と思うぐらい繰り返し放送されているので、今更内容について語ることは特にないんですが、テレビを見ながら何となく…

『三度目の殺人』ネタバレ解説/真犯人は誰?

どうも、管理人のタイプ・あ〜るです。 昨日、テレビで是枝裕和監督の『三度目の殺人』が放送されました。30年前に殺人を犯して服役していた三隅(役所広司)が、出所後に勤めていた工場の社長を殺し、火をつけた容疑で逮捕され、犯行も自供し死刑はほぼ確実…

週末になると台風が来るので家で映画を観てました

どうも、管理人のタイプ・あ〜るです。大型台風が各地に甚大な影響を及ぼしている昨今、皆さんいかがお過ごしでしょうか?僕のところは幸いにも大した被害はなかったんですけど、雨風が強くて外に出られないので、家に引きこもって映画を観てました。なんか…

『カメラを止めるな!』のネタバレはどこまでOKなのか?

※今回の記事はネタバレしているので未見の人はご注意ください。 どうも、管理人のタイプ・あ〜るです。さて、みなさんはもう『カメラを止めるな!』を観ましたか?この映画はわずか300万円の超低予算で作られ、キャストは無名の役者ばかり…という完全なイン…

『メアリと魔女の花』はこうして生まれた

本日「金曜ロードSHOW!」で『メアリと魔女の花』が放送されます。ちなみに今月の金ローは『ハウルの動く城』、『となりのトトロ』、『猫の恩返し』を連続で放送しているので、本作も「スタジオジブリの作品?」と思っている人がいるかもしれません。でも、…

「好きな女優を見るために映画館へ行く男性はいない」って本当?

どうも、管理人のタイプ・あ〜るです先日、以下の記事が話題になっていたので読んでみました。 ・何で男の人は好きな女優の映画を見に行かないのだろう NTTコムが実施したアンケート調査によると、女性客はどの映画を観るか決める際、「自分の好きな俳優やタ…

鈴木敏夫、高畑勲について語る

最近、以下の記事が話題になっていたので読んでみた。 鈴木敏夫が語る高畑勲 いや〜、これはすごい!今年4月に亡くなった高畑勲監督について、ジブリのプロデューサーの鈴木敏夫氏が過去のエピソードを交えながら「高畑勲と付き合うことがいかに大変だったか…

激安DVDを買ってきた

最近、近所の古本屋が攻めまくっている。 全国展開している例の有名チェーン店なんだけど、週末になると「コミック全品50%オフ」とか、頻繁に何らかのセールを実施しているのだ。今日は「500円以上の本が全品500円均一!」というセールをやっていた。 どうい…

『太陽を盗んだ男』の撮影現場がすごすぎる件

沢田研二や菅原文太、池上季実子、風間杜夫ら豪華キャストが出演した長谷川和彦監督作品『太陽を盗んだ男』は衝撃的な内容が話題になりましたが、その撮影現場も驚きの連続でした。恐るべき舞台裏を徹底解説!

「アニメ史上最も作画がすごいシーン」の定義とは?

先日、「アニメ史上最も作画がすごいシーンはここだ」というツイートが話題になっていた。アニメ史上最も作画がすごいシーンはここだと思ってる。 pic.twitter.com/585NJWEqMf— Yuuki@絵里🌸 (@Yuuki10210223) 2018年7月15日 ツイ主が挙げていたのは『ヴァイオ…

『ジュラシック・ワールド』の日本語吹き替え版に関する大問題!

『ジュラシック・ワールド』の日本語吹き替え版は、玉木宏と木村佳乃が担当していたのですが、クレームが殺到して山本耕史と仲間由紀恵に交代。ところがなんと…!

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』Blu-ray&DVD発売決定!

全世界で驚異的な大ヒットを記録した『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が、早くもブルーレイ&DVD化決定!これに合わせてアベンジャーズとサノスの本編バトルシーンが公開されました。 今回、公開となった本編クリップ映像は、アイアンマン、スパイ…

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ネタバレ感想

遅ればせながら『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の感想を書いてみる。公開前にアンソニー&ジョー・ルッソ監督が「絶対にネタバレしないでくれ!」とネット上で懇願していたため、多くの観客が自重していたようだが、劇場上映も終了したのでそろそ…

『レディ・プレイヤー1』ブルーレイ&DVD発売決定

世界中で大ヒットを記録したスティーブン・スピルバーグ監督の最新作『レディ・プレイヤー1』が早くもBD&DVD化されることになりました。この映画には一瞬しか画面に映らないような「隠れキャラ」が大量に登場するため、劇場で観た人も家でじっくり鑑賞して”…

『ガメラ3 邪神<イリス>覚醒』とは何だったのか?

本日、テレビ「キネマ麹町」(TOKYO MX2)で『ガメラ3 邪神<イリス>覚醒』が放送される。前作『ガメラ2 レギオン襲来』の3年後(1999年)に公開された「平成ガメラ三部作」の完結編だ。ただしこの映画、正式に制作が決定するまで、割と時間がかかっている…

『ガメラ2 レギオン襲来』の素晴らしさを語ってみた

本日、テレビ「キネマ麹町」(TOKYO MX2)で『ガメラ2 レギオン襲来』が放送される。前作『ガメラ 大怪獣空中決戦』の翌年(1996年)に公開された「平成ガメラ三部作」の2作目だ。 1作目でリアリティ溢れる描写とカッコ良すぎる特撮映像で「こういう怪獣映画…

『ガメラ 大怪獣空中決戦』が画期的な理由

本日、テレビ(TOKYO MX2)で『ガメラ 大怪獣空中決戦』が放送される。 なぜ今ガメラなのか? 理由はよくわからないが、物語の中では本日6月10日に ガメラが初めて日本(福岡)に上陸したことになっているらしい。 さて、『ガメラ 大怪獣空中決戦』が劇場公…

『22年目の告白 ―私が殺人犯です―』ネタバレ解説

※今回の記事には映画『22年目の告白 ―私が殺人犯です―』に関するネタバレがあるので、未見の人はご注意ください。 本日、金曜ロードショーで『22年目の告白 ―私が殺人犯です―』が放送される。 あらすじは 「1995年に発生した5件の連続絞殺事件が時効を迎えた…

『スイス・アーミー・マン』を観たんだが(ネタバレ)

※本日の記事は『スイス・アーミー・マン』のラストまでネタバレしているので、未見の人はご注意ください。 先日、友人の江須田君(仮名)が僕の家にやって来て 「何も言わずにこれを観ろ」と1枚のDVDを差し出した。 タイトルは『スイス・アーミー・マン』。 …