ひたすら映画を観まくるブログ

映画やアニメについて書いています

『未来のミライ』は細田守監督の息子が見た夢だった?(ネタバレ解説)

映画『未来のミライ』

映画『未来のミライ

どうも、管理人のタイプ・あ~るです。

先日、「金曜ロードSHOW!」で細田守監督の劇場アニメ未来のミライが地上波初放送されました。

昨年の夏に公開されたばかりの最新作なんですが、実はこの映画、公開時に評価が賛否両論真っ二つに分かれ、かなり批判的な意見も多かったんですよね。

なので「今回のテレビ放送でもそういう反応が出るんだろうな…」と思っていたら案の定、SNS上で「これはひどい」「なんてつまらない映画なんだ!」などと批判が殺到していたようです。

その主な理由としては(「くんちゃん役を演じた上白石萌歌の声が全然合ってない」などもありましたが)、やはり「内容が意味不明」「どこが面白いのか全く分からない」という感想が多数を占めていた模様。

大まかなあらすじを書くと、「4歳のくんちゃんに妹(ミライちゃん)ができたことで、お父さんやお母さんが妹ばかりを気にするようになり、不機嫌になったくんちゃんが庭に出ると未来からやって来た妹と出会い、次々と不思議な体験を繰り返していく」というお話です。

これだけ聞くと面白そうな感じもするんですが、実際に観てみると何故かイマイチなんですよねえ…。

映画『未来のミライ』

映画『未来のミライ

まず最初に、くんちゃんの家で飼われている犬の”ゆっこ”が擬人化して、「自分は両親から可愛がられていたのに、お前が生まれてから大事にされなくなった」などとくんちゃんに愚痴をこぼします。

そして、いきなりくんちゃんがゆっこのシッポを奪って自分の尻にズボッ!と挿入。すると何故かくんちゃんが犬に変身して庭を走り回り、最後はゆっこのドッグフードが少しグレードアップしてなんとなく終了。

その後は、ミライちゃんの依頼で雛人形を片付けたり、ひいおじいちゃんに会ってバイクに乗せてもらい、苦手だった自転車に乗れるようになるなど、「ミッション・クリアー型の小さなイベント」を一つずつ消化することでストーリーが進んでいく…みたいな構成になってるんですよ。

しかしながら、それぞれのエピソードが割と短い上に、派手なアクションシーンがあるわけでもないため、全体的にスケール感の小ささは否めません。中でも個人的に気になったのは「現実と非現実の境界線が曖昧なこと」なんですよね。

映画『未来のミライ』

映画『未来のミライ

例えば時をかける少女の場合、物語の舞台は現実世界がベースになっていて、主人公が”タイムリープ能力”を使うことで非現実の状況が出現する、というスタイル。

サマーウォーズの場合も完全に現実世界が舞台ですが、インターネット上の仮想世界「OZ」を通じて非現実的な空間を表現していました。

おおかみこどもの雨と雪も現実世界が舞台ではあるものの、”狼と人間の間に生まれた子供”という非現実的なキャラクターを劇中に投入することで全体的にはファンタジー作品となっています。

そして『バケモノの子』は、主人公が「人間界(渋谷)」と「バケモノ界(渋天街)」を行ったり来たりすることで、「現実と非現実の境界線」を明確に見せていました。

それらに対して、『未来のミライ』はどうなのか?というと…

未来の世界からやって来た中学生のミライちゃんは、一見すると『時をかける少女』と同じく”タイムリープ能力”を使って現れたように見えますが、そもそもミライちゃんにそんな能力があったのでしょうか?

もしミライちゃんが超能力者だとすれば、犬のゆっこはどうなのでしょう?人間に変身できる特別な能力を持った犬だった?それとも、元々人間だったのが魔法みたいなものをかけられて犬の姿になってたの?

「いやいや、その辺はファンタジーなんだから深く考えなくてもいいんだよ」「もしかすると全部くんちゃんの妄想(空想)かもしれないし」という意見もあるようですが、ミライちゃんやゆっこの行動が現実世界にしっかり干渉している点を考えても、単なるイマジナリーフレンド(空想の友人)とは思えないし、いくらファンタジーだからと言っても「なんでもアリ」が許されるわけじゃないでしょう。

ハリー・ポッター』のようにファンタジー世界がベースの映画だって「なぜそうなるのか?」という理由は示されているし、その世界の中の「ルール」みたいなものがちゃんと存在しているわけですから。そういう意味では、『未来のミライ』って「あまりにもルールが不明確」なんですよねえ。

つまり、細田守監督の過去作品では不思議なことが起きても一応何らかの説明が成されていたのに、今回は「まあファンタジーだから別にいいじゃん」とスルーしているように見えてしまうんですよ。その辺が「よく分からん!」と批判された要因なんじゃないでしょうか?

映画『未来のミライ』

映画『未来のミライ

ちなみに細田監督はインタビューで、『未来のミライ』を作ることになった”きっかけ”を以下のように語っていました。

本作を作るきっかけの一つは、2人目の子供(長女)が生まれたこと。妹が出来たことで4歳の長男の行動が明らかに変化しました。それまでは両親にすごく愛されていたのに、いきなり妹に愛を奪われて(笑)、床を転げ回って泣き叫んでるんです。そのリアクションが非常に面白かったので、これを映画にしたいなと。

そしてもう一つのきっかけは、4歳の息子が見た夢の話。僕は毎朝起きると「今日はどんな夢を見た?」と聞くようにしてるんですが、ある日「大きな赤ちゃんに会った」って言うんですよ。「体の大きな赤ちゃん?」って聞いたら「違う。妹が大きく成長して、お姉さんみたいになって僕に会いに来た」って。

それを聞いて「えええ!?お父さんも会いたいよ!」って(笑)。夢の中で赤ちゃんはどんな女性になっていたんだろう、兄妹でどんな話をしたんだろう…などと考えていくうちに、着想したのが『未来のミライ』という物語だったんです。

 

※「ダ・ヴィンチ」2018年8月号より

 この発言を見る限り、「細田守監督のプライベートをほぼそのまんまアニメ化した」としか思えないんですけど(笑)、まあ『サマーウォーズ』にしても『おおかみこどもの雨と雪』にしても、基本的に細田監督作品は自身の実体験が元ネタになっていることは割と有名なので、その辺は別にいいでしょう。

ただ、もし本当に「自分の4歳の息子が見た夢」を元ネタにしているなら、この映画全体が「くんちゃんの見た夢」ということになり、「子供の見た夢なら何でもアリだからしょうがないよね」的な結論になってしまうのです。それってどうなのかなあ…。

ちなみに、『未来のミライ』を通じて細田守監督が今回伝えたかったことは、大きく分けて以下の2つだそうです。

1:子供と親を巡る物語は自己相似的に何世代にもわたって繰り返されており、”家族”というものは過去から連なるそれらの些細な偶然の積み重ね(奇跡)によって成り立っているのだ。

 

2:子供は、妹が生まれたら自動的に兄になるのではなく、自分自身で”兄”という役割を自覚した時に初めてアイデンティティーが確立し、”兄になる”のだ。

 非常にいいメッセージであり、映画自体も良く出来てるんですが……だとしてもやはり話が面白くない(苦笑)。いや、恐らく細田監督の表現力がハイブロウすぎて我々が付いていけてないだけなんでしょう。なので、次回作はもう少し”ゆる~い感じ”でお願いします(^^;)

なぜ新海誠監督作『君の名は。』は「気持ち悪い」と言われてしまうのか?

新海誠監督作『君の名は。』

新海誠監督作『君の名は。

どうも、管理人のタイプ・あ~るです。

先日、テレビで新海誠監督の大ヒット劇場アニメ『君の名は。』が放送され、平均視聴率12・4%(関東地区)という高い数字を記録しました。

2016年に公開された当時は250億円という驚異的な興行成績を叩き出し、日本中で話題になった本作ですが、3年経った現在でもその人気は衰えていないようです。

 

だがしかし…

 

テレビで『君の名は。』が放送された直後から、SNS上で「『君の名は。』を観たけど気持ち悪い」という感想が多数投稿されていたらしいのですよ。いったいどうして…(T_T)

これらの意見を見てみると、主に「口噛み酒」や「胸を揉むシーン」や「胸が揺れるシーン」などが”気持ち悪いと感じた理由”として挙げられているようですね。

まあ確かに、普通の感覚で考えれば女子高生が自分のオッパイを何度も揉んだり、口の中に入れたものをグチュグチュ噛んで吐き出して酒を造る…なんて描写は「気持ち悪い」と言われても仕方ないかもしれません。

ただ(別に擁護するわけではありませんが)、もともと新海誠監督は、例えば『ほしのこえ』にしても「制服を着た女子高生が巨大ロボットに乗って宇宙人と戦う」など、特定の層にしか受けないような”極めて趣味性の強いアニメ”を作っていたのです。

そのことは本人も自覚しているようで、「もともと僕の作品は、ファンの方が見てくれて、見るはずのない人たちは見ないタイプの映画でした」と最近のインタビューでも語っているのですよ。

つまり新海監督にしてみれば、「今までは自分の好きなようにアニメを作って、自分と同じ嗜好を持つファンたちが喜んで観てくれていたのに、大ヒットしたせいで一般の人までが観るようになり、一般の感覚で批判してくるのがウザい」みたいな心境なのでは…(あくまでも僕の推測ですけどw)。

しかし、もし「気持ち悪い」と言っている人たちの意見を真摯に受け止め、今後はそういうシーンを一切入れず、品行方正なアニメを作ります!みたいなことになったらどうでしょうか?

「マイナーからメジャーになる」ということは、そういう世間の反応も意識し、自分の作風を変えていかなければならないのかもしれませんが、「果たしてそれでいいのか?」という気もするんですよねえ。

なお、昔ながらの新海誠ファンからは以下のような意見も出ているようです。

というわけで、間もなく最新作『天気の子』が公開される予定の新海誠監督ですが、個人的にはメジャーになっても今まで通りの”新海ワールド”を見せて欲しいと思っています(^.^)

 

●関連記事

 

秒速5センチメートル

※プライム会員は無料で視聴できます
言の葉の庭

※プライム会員は無料で視聴できます
雲のむこう、約束の場所

※プライム会員は無料で視聴できます

実写映画『空母いぶき』は本当に駄作なのか?(ネタバレあり)

映画『空母いぶき』

映画『空母いぶき』

どうも、管理人のタイプ・あ~るです。

現在、全国の劇場で公開中の映画『空母いぶき』は、かわぐちかいじ氏の人気漫画を実写化した作品で、公開前から(色んな意味で)話題になっていました。

事の発端は、本作で総理大臣役を演じた佐藤浩市さんの「ある発言」(詳細は省きますが)で、これに対し某有名小説家がツイッターで激怒するなど、かなりの騒ぎになったのです。

実際に映画が公開されると初登場でランキング2位、興行収入は2日で3億3000万円という好成績を記録したものの、評価の方は賛否両論…というか明らかに批判的な意見が多数見受けられました。

では、本当に実写映画『空母いぶき』は駄作なのか?なぜこんなに批判されているのか?などについて、本日は具体的に検証してみたいと思います(なお、僕は原作を全部読んでいます)。

 

※以下、ネタバレしているので未見の方はご注意ください

 

●原作を改変している
まず、本作が”炎上”した直接の要因は「佐藤浩市さんの発言」によるものですが、それ自体は映画の出来・不出来に影響を及ぼすほどではありません(あくまでも”役作り”の範疇なので)。

最大の問題は、やはり「原作を大きく改変している」という点でしょう。これは人気漫画を実写化する際には必ず取り沙汰される問題ですけど、個人的には改変自体が悪いことだとは思わないんですよね。

大ヒットしている人気漫画ともなれば長期に渡って連載している場合が多く、そのままでは長すぎて映画化できないからストーリーを圧縮するために色んな部分を改変せざるを得ない…という事情は理解できますから。

ただ、その際は「どこをどんな風に改変するか?」が大事だと思うんですよ。それぞれの原作によって「変えちゃいけないポイント」みたいなものが絶対にあるはずなので。

そういうことを考えながら実写版『空母いぶき』を観てみたんですけど……原作は自衛隊と中国軍が戦う話なのに、「東亜連邦」という架空の国に変わってました(泣)。う~ん…、「変えなきゃ色々と面倒なことになる」というのは分かるんですが、『空母いぶき』を描く上において、ここは「最も変えちゃダメな部分」じゃないのかなあ?と。

なぜなら、”中国”という軍事的にも経済的にも極めて強大な国家が日本に脅威を与えてくるからこそ、「そのプレッシャーに我々日本人はどう立ち向かうべきか?」という命題が引き立つわけで、人口もGDPも分からないような謎の国(東亜連邦)が攻めて来たところでリアリティに欠けるというか、危機感がダイレクトに伝わって来ないんですよね。

まさしく漫画版の『空母いぶき』が画期的なのは、日本侵略を目論む敵対国として堂々と”中国”を名指ししている点だと思うので、そこは何とか変えないで欲しかった。

かわぐちかいじ先生は敵国を変更した理由について「今、世界の情勢はどんどん変化しているので、もし日本と中国が仲のいい時に映画が公開されたら困ると思った」などと釈明していますが、そんな心配は不要じゃないですかね?


●実写版オリジナルキャラはどうなのか?
それから、「原作にいないオリジナルのキャラが出て来る」っていうのも”実写化あるある”でして、本作でも本田翼や小倉久寛斉藤由貴など、オリキャラがたくさん登場していました。

ただ、これに関しては悪くなかったですよ。特に本田翼さん演じる女性記者(本多裕子)は、たまたま自衛隊を取材するために乗った空母いぶきで初めて他国との戦闘を体験し、その衝撃を「ネットを通じて発信することで世界に影響を与える」という重要な役柄を演じていたり。

しかも原作では、新聞社の男性記者が沖縄まで出向き、最前線の写真を撮って公表することで世間に影響を与える…という展開だったのに対し、制作側が「男ばかりで画面に華が無い」と判断したのか、映画版では美人な本田翼さんになっていて良かったです(笑)。

映画『空母いぶき』

映画『空母いぶき』

その反面、中井貴一さん演じるコンビニ店の店長は物語への関連度が薄いせいでほぼサブエピソードのように見えてしまい、上手く機能しているとは思えませんでした(観客からも「あのシーン、いらねえだろ!」と批判が殺到した模様)。

まあ、激しい戦闘の直後にゆる~いコンビニ店の様子をぶっ込まれたらギャップに戸惑うのも無理ないと思いますが、あのシーンは「このような平和な暮らしの裏ではギリギリの攻防が繰り広げられていた」ということを現す場面なので、必要っちゃ必要なんですよね。

さらに、有事が報道されると大勢の人が一斉にコンビニに押し寄せ、商品を買い漁って店の棚が空っぽになる…という描写を入れることで、「現実に戦争が起こればこうなるかもよ」と示唆しているわけです(原作にも同様のシーンがある)。

なので少しでも関連を持たせるために、例えば「いぶき」に乗船している自衛官の一人が実は店長の身内だったとか、ベタでもいいからそういう設定で相互にドラマを繋げればもうちょっと観客の共感を得られたのではないか?と思うんですけどねえ。


●「おかしい」と言われてるシーンが実は原作通りだった
あとは、護衛艦いそかぜ」の艦長:浮船武彦(山内圭哉)が主砲を撃つたびに「いてまえー!」と関西弁で絶叫するシーンを観た人から「あんな自衛官がいるわけないだろ!」と普通に突っ込まれていましたが、あのキャラは原作にいるんですよ(笑)。

かわぐちかいじ著『空母いぶき』より

かわぐちかいじ著『空母いぶき』より

もちろん、漫画版ではもっと年配で落ち着いた艦長なんですけど、シチュエーションはだいたい合ってます(映画版でなぜあそこまで”お笑いキャラ”になってしまったのかは分かりませんが)。

そして、この艦長が敵の撃ってきた主砲をかわすために「バックや!」と叫ぶシーンも、「いくらスクリューを逆回転させたところで、あんな大きな船が急にバックできるはずがない!」と批判されていましたが、残念ながらこれも原作通りです(笑)。

かわぐちかいじ著『空母いぶき』より

かわぐちかいじ著『空母いぶき』より

いや、「飛んできた砲弾をバックでかわす」なんてことが現実に可能かどうかは分かりませんけど、少なくとも原作ではそうなってるんだから、文句がある人は映画ではなく、かわぐちかいじ先生の方へお願いします(^^;)

さらに、潜水艦「はやしお」の艦長:滝隆信(高嶋政宏)の判断で、敵の潜水艦に「はやしお」をぶつける場面については「潜水艦同士を体当たりさせるなんてそんなバカなwww」などと嘲笑されていましたが、これも原作を再現しているだけなので悪しからずご了承ください(ちなみに漫画版で体当たりしているのは別の潜水艦です)。


●脚本がまさかの…!
今回、実写版『空母いぶき』を観て一番ビックリしたのは、脚本が伊藤和典さんだったこと伊藤和典と言えば、 押井守監督と組んで『うる星やつら』シリーズや劇場版『機動警察パトレイバー』や『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』など、数々の名作アニメを手掛けたベテラン脚本家です。

特に『機動警察パトレイバー2 the Movie』は、「現職の自衛隊員がクーデターを企てる」というロボットアニメとは思えないほどハードなポリティカル・フィクションを臨場感たっぷりに描き出し、多くのアニメマニアから絶賛されました。

 

さらに実写映画では、「平成ガメラ」シリーズで全国の特撮ファンを熱狂させまくったことで知られており、中でも『ガメラ2 レギオン襲来』における自衛隊描写のリアリティたるや、いまだに語り草になるほどの素晴らしさ!

自衛隊の全面協力を得て撮影された迫力満点の戦闘シーンに至っては「本作が無ければ『シン・ゴジラ』も生まれなかっただろう」と言われるぐらいのカッコよさで、まさに「怪獣映画の歴史を塗り替えた」と評しても全く過言ではありません。

 

そんな伊藤さんが脚本を書いているとなれば、さぞかし凄いストーリーなんだろう…と思うじゃないですか?でも僕は映画を観終わって「え?伊藤さんが書いてたの?」と驚きましたからね。悪い意味で(^^;)

いや、正確に言うと今回は共同脚本なんですよ、伊藤和典さんと長谷川康夫さんの。長谷川康夫と言えば、織田裕二主演の『ホワイトアウト』を筆頭に、『ソウル(SEOUL)』、『亡国のイージス』、『ミッドナイト イーグル』など、邦画では珍しい”派手なアクション大作”を多く手がけている印象で、良く言うと「スケールが大きくて大胆」、悪く言うと「話が雑」みたいなイメージでしょうか(笑)。

 

まあ、世間ではあまり評判の良くない『ホワイトアウト』や『亡国のイージス』も僕は割と好きなんですよ。だから、「なるほど、自衛隊描写に定評のある伊藤和典と、派手な画を好む長谷川康夫が共同で脚本を書いたらこういう映画になるのか」という、ある種の”納得感”みたいなものはありました。しかし、「『ホワイトアウト』なんてつまらん!」と思っている人が観たら、当然厳しい評価になるでしょうね(^^;)

というわけで、実写映画版『空母いぶき』を検証した結果、”駄作”と呼ぶほど酷い出来とは思わなかったんですが、色々気になる点があったことも否定できません。

個人的には「中国軍と自衛隊が戦うという設定を変えたこと」と、もう一つはラストで各国の潜水艦が登場するシーンが気になりました。無難な決着の付け方で、悪くはないんだけれど今いちカタルシスに欠けるというか、モヤッとする終わり方なんですよね。原作がまだ完結していないので、独自のラストを考えなきゃいけない難しさはあったと思うんですが…。

ただ、過去から現在に至るまで自衛隊が(架空とはいえ)他の国の軍とガチで戦う映画」はほとんど存在しないので、そういう意味では価値があるんじゃないかと思いました。ツッコミどころは多いですけど(笑)。

 

映画『関ケ原』のセリフはなぜ聞き取りにくいのか?

映画『関ケ原』

映画『関ケ原』より

どうも、管理人のタイプ・あ~るです。

本日、テレビ朝日「日曜プライム」で原田眞人監督の超大作時代劇『関ケ原』が地上波初放送されます。

V6の岡田准一石田三成に扮し、徳川家康役所広司)と天下分け目の大決戦を繰り広げる戦国史上最大の歴史スペクタクル!

そんな『関ケ原』を撮った原田眞人監督は、ある”こだわり”を持っていることでも知られています。

それは、「一度カメラを回し始めたら、カットがかかるまで何があっても演技を止めてはならない」ということ。いったいどういう意味でしょう?

例えば、映画のメイキング映像などを見ていると、本番中に役者がセリフを噛んでしまい、「すみません!もう1回お願いします!」と撮り直している場面が映ったりしますよね。

しかし原田監督の現場では、こういうことは許されません。「俺がカットと言ってないのに、どうして勝手に演技を止めるんだ!」と怒号が飛んでくるらしい。

なぜなら、「その演技がOKかどうかは監督である俺が決めることで、役者が判断すべきではない」「例えセリフを噛んだとしても、演技自体が良ければNGにはしない」と考えているからです。

実際、『駆込み女と駆出し男』で主役を演じた大泉洋さんも「物凄い早口で長ゼリフを喋るシーンがあったんですが、原田監督から”絶対に途中で止めるな!”と言われていたので必死でやり続けました」「よく見るとちょっと噛んでるんですけど(笑)、現場ではOKになってそのまま使われてます」と語っていました。

駆込み女と駆出し男

※プライム会員の方は無料で視聴できます

このように、原田監督の撮影方法は「間違えようが何をしようがとにかく最後まで喋り続けろ」というものなんですが、そのせいでセリフが聞き取りづらくなっちゃってるシーンがあるんですよね。

駆込み女と駆出し男』もそうですが、『関ケ原』が公開された時も「登場人物が何を喋っているのか良く分からない」という苦情が来ていたそうです。確かに『関ケ原』を観ると、時代劇にしては異常にセリフのテンポが早いんですよ。

石田三成を演じた岡田准一さんも「原田組のテンポはとにかく早い。時代劇は情感を大事にすると教わってきたので、原田監督の”セリフにも動きにも間合いはいらない”という考え方は非常に刺激的でした」と驚いたそうです。

なるほど、時代劇でよくある”間(ま)”をほとんど取らず、早口で勢いよくまくし立てることであのテンポが生まれたんですねえ。ただ…

ワンカットの中で膨大なセリフを一気にワーッと喋る独特のリズム感は確かに面白いとは思いますが、果たしてこのスピードに観客は付いて来れるのだろうか?と、その辺がちょっと気になりました(^.^)