ひたすら映画を観まくるブログ

映画やアニメについて書いています

『ルパン三世 カリオストロの城』はこうして作られた(小ネタまとめ)

ルパン三世 カリオストロの城

ルパン三世 カリオストロの城


どうも、管理人のタイプ・あ~るです。

さて本日、金曜ロードショールパン三世 カリオストロの城が放送されます(なんと今回で17回目!)。巨匠:宮崎駿監督の劇場長編デビュー作として1979年に公開され、大胆なアクションや魅力的なキャラクターなど、優れた内容が後のクリエイターに多大な影響を与えました。

まあ、本作に関しては超有名作品なのでみんな良く知っているでしょうし、このブログでも何度か取り上げているので、今回は『カリオストロの城』に出て来た表現の元ネタとか、トリビア的なエピソードをいくつかまとめてみたいと思います(過去の記事はこちらをどうぞ↓)。

type-r.hatenablog.com


●ルパンと次元の走り方
映画冒頭、カジノから逃げるルパンと次元の走り方に見覚えがないでしょうか?実はこれ、『未来少年コナン』で描かれた「コナンとジムシーの走り方」と同じなんですね。

ルパン三世 カリオストロの城

ルパン三世 カリオストロの城

未来少年コナン

未来少年コナン

宮崎駿監督はこの走り方がお気に入りのようで、『ルパン三世((TV第2シリーズ)』第145話『死の翼アルバトロス』などでも同様の走り方を再現しています。

ただし、『カリオストロの城』では格段にレベルアップしており、わずか数秒の短いシーンながらも非常に複雑な作画が描かれました。この場面を担当したアニメーターは『天空の城ラピュタ』で作画監督を務めた丹内司さんですが、なんと「完成まで45日もかかった」とのこと。スゲー!


●崖を駆け上がるフィアット
ルパンたちが乗っているフィアット500がほぼ垂直の崖を駆け上がるシーンを見て、「さすがに誇張がすぎるだろう」と感じた人がいるかもしれません。しかし大塚さんによると、「宮崎さんはちゃんと理屈を考えている」「あのチンクチェントはノーマル仕様ではなく、たった700キロの車体にスーパーチャージャー付きのエンジンを積んでいるから、あの動きができたんだよ」とのこと。

ちなみに、このカーチェイスを担当した友永和秀さんは『さらば宇宙戦艦ヤマト愛の戦士たち』の戦闘シーンや、劇場版『銀河鉄道999』の「ハーロックが体を揺らしながら歩いてくるカット」などを手掛けた凄腕アニメーターなんですが、車の免許を持ってないんですよね。

なので、宮崎監督からこのシーンを依頼された時は「しまった、車かぁ…どうしよう」みたいな気持ちだったそうです。しかし、そんな友永さんを無視して宮崎さんは「この時C2Vは時速60kmで走ってるとすると秒速は16mぐらい。この車体は2.5mだからこれに対するBGのフォロースピードは…」などともの凄い勢いで喋りまくり、友永さんは呆然としていたらしい(笑)。

なお、このカーチェイスに関しては「1970年に公開された『小さな目撃者』というサスペンス映画に影響を受けたのでは?」との説があります。『小さな目撃者』にもカーチェイスが出てくるんですが、「よく似た構図の激しいデッドヒート」や「ヒビが入ったフロントガラスを素手で叩き割る」など、『カリオストロの城』っぽい場面がチラホラと…。もしかして宮崎駿監督はこれを参考にしたのでしょうか?

カリオストロの城と小さな目撃者

カリオストロの城と小さな目撃者

カリオストロの城と小さな目撃者

カリオストロの城と小さな目撃者


クラリスを描かせてもらえなかった大塚さん
カリオストロの城』で作画監督を担当したのは、長年に渡って宮崎さんと仕事を共にしてきたベテランアニメーターの大塚康生さんです。ただし、大塚さんはメカの作画が得意で宮崎さんからも絶大な信頼を得ているんですが、一つだけ苦手なものがありまして…

それは「美少女」が描けないこと。

カリ城の前、『未来少年コナン』で大塚さんがヒロインのラナを描いたらひどいブスになってしまい、宮崎監督が「もう大塚さんにはラナを描かせない!」と激怒したという有名なエピソードがあるぐらい、大塚さんは美少女が苦手なのですよ(本人曰く「僕は峰不二子みたいな”大人の色気がある女性”が好きなんです」とのこと)。

そんなわけで、『カリオストロの城』でも「大塚さんはクラリスを描いちゃダメ!」と言われてしまい、『赤毛のアン』で原画を描いた篠原征子さんが多くの場面でクラリスを担当、実質的な”クラリス作監”となりました。なお、大塚さんは後に「とうとうクラリスには触らせなかったよな、ミヤザキの奴め!」と愚痴っていたらしい(笑)。

ルパン三世 カリオストロの城

ルパン三世 カリオストロの城


●パスタを食べるシーン
ルパンと次元がパスタ(ミートボールスパゲティー)を奪い合う有名なシーンは、田中敦子さんというアニメーターが作画したんですが、田中さんはこのシーンを描くために女友達を何人か連れてレストランへ行き、「パスタを奪い合って食べてちょうだい」と指示して、その様子を観察したそうです(食事代は”取材費”として会社に請求したらしいw)。

ちなみに田中さんはもともと食べることが大好きで、海外旅行に行っても風景を撮らずに食べ物の写真ばかり撮ってるぐらいの”食いしん坊”だそうです(なので、『ハウルの動く城』でも「ベーコンエッグを作るシーン」などの食事シーンを担当している)。

 

●時計塔の元ネタは幽霊塔
クライマックスの舞台としてルパンとカリオストロ伯爵が激しいバトルを繰り広げる時計塔は、黒岩涙香が書いたミステリー小説『幽霊塔』が元ネタです。これは宮崎監督自身も「本作の原点」と認めており、江戸川乱歩によってリライトされた『幽霊塔』の表紙も描いています。

 

時計塔の巨大な歯車の描写や不気味な表現など、『幽霊塔』から受けた影響は一目瞭然!さらにこの本には宮崎監督がフルカラーで描き下ろした解説マンガや絵コンテなどが十数ページも載っていて、非常に読み応えがありますよ。


カリオストロ伯爵の顔
眠っているクラリスを見つめるカリオストロ伯爵の顔を描いたのはアニメーターの河内日出夫さんですが、ちょっと気色悪い感じに描かれていたので、大塚さんが「直した方がいいかな?」と宮崎監督に相談したところ、「いや、このままにしておこう。伯爵の”何とも言えないいやらしい感じ”がよく出てるよ」と答えたため、修正されなかったそうです。

ルパン三世 カリオストロの城

ルパン三世 カリオストロの城

ちなみに、外から帰って来たカリオストロ伯爵が歩きながら服を着替えるシーンは、リチャード・レスター監督が撮った『三銃士』(1973年)にも「鷹狩りから帰って来たバッキンガム公爵が歩きながら服を脱ぎ、周りの召使が次々と着替えさせていく」というそっくりなシーンが出て来ます(宮崎監督、『三銃士』を観たのでしょうか?)。

●結婚式のシーン
カリオストロ伯爵とクラリスが結婚式を挙げるシーンは、「三船敏郎が主演した映画『大盗賊』(1963年)のワンシーンを引用しているのでは?」と言われているそうです。確かに似てますねえ(笑)。

ルパン三世 カリオストロの城

ルパン三世 カリオストロの城

大盗賊

大盗賊


●『長靴をはいた猫』からの引用
ルパンが城の屋根から「ピョ~ン」とジャンプするシーンは、東映動画時代に宮崎駿さんが原画を担当した『長靴をはいた猫』の引用です(動きも構図も全く同じ!)。

ルパン三世 カリオストロの城

ルパン三世 カリオストロの城

長靴をはいた猫

長靴をはいた猫

また、ルパンがクラリスを抱きかかえながら時計塔から落下するシーンも、『長靴をはいた猫』のクライマックスを彷彿させますね(他にも「城の中で繰り広げられるドタバタアクション」など、『長靴をはいた猫』の類似シーンは数多い)。

ルパン三世 カリオストロの城

ルパン三世 カリオストロの城

長靴をはいた猫

長靴をはいた猫

このように、『カリオストロの城』では意識的に『長靴をはいた猫』を模したシーンが描かれていますが、その理由を大塚さんは「制作スケジュールが厳しくて、新しいことを考えている余裕が全くなかったから」と語っています。

さらに宮崎監督自身も、「『カリオストロの城』に関しては東映動画時代の”大棚ざらえ”なんですよ。新しく付け加えたものなんて何もない。だから昔から僕の仕事を見ていた人たちが失望したっていうのは、よくわかるんですよね」と自己批判しています。

ただ、当時『カリオストロの城』に参加した作画スタッフは経験の浅い若手が多かったため、「東映時代に培われたアニメーションの技法を若いアニメーターたちに伝授する」という意図もあったようです。


●『どうぶつ宝島』からの引用
アニメーションで「水」を表現するのは非常に難しく、昔から様々な技法が生み出されていますが、『カリオストロの城』における水の表現も実に見事です。しかし、これまた作り手側にとっては忸怩たる思いがあったようで…

大塚さん曰く「新しい技法なんてありませんよ。そんなことを試している余裕が無かったので。だから、『パンダコパンダ』や『コナン』や『どうぶつ宝島』などで実験済みの技術を再利用してるんです。水の透明感なども含めて、全部過去の作品の応用なんですよ」とのこと。

とは言え、ルパンと次元が水路から潜入しようとするシーンでは、セルと背景の組み合わせだけで見事に水の動きや存在感を表現していて「上手いなあ!」と感心せずにはいられません(ルパンが水の流れに逆らって必死に平泳ぎしているシーンは、『どうぶつ宝島』にもありましたねw)。

ルパン三世 カリオストロの城

ルパン三世 カリオストロの城

どうぶつ宝島

どうぶつ宝島


●『やぶにらみの暴君』からの引用
1952年に公開されたポール・グリモー監督の長編アニメ『やぶにらみの暴君』は、当時まだ学生だった高畑勲さんや宮崎駿さんなど後のクリエイターたちに絶大な影響を与えました。

特に宮崎監督は「城の構造が素晴らしい。主人公たちが長い階段を駆け下り、地下の町に逃げ込むことで王宮全体の存在感を強く印象付けている」と感激し、これをきっかけに「もしかすると観客は平面ではなく、上下の移動(縦運動)の方が感覚的に理解しやすいのでは…?」と思い付いたそうです。

その後、アニメの仕事に就いた宮崎さんは『未来少年コナン』や『カリオストロの城』や『千と千尋の神隠し』などで次々と高低差を活用したアクションを描き、「上下の移動」にこだわった場面を作り続けています。まさに「宮崎スタイル」を生み出した原点と言えるでしょう(城のデザインも似てるw)。

ルパン三世 カリオストロの城

ルパン三世 カリオストロの城

やぶにらみの暴君

やぶにらみの暴君


●カットされたシーン
本作は制作期間の短さも特筆すべきで、大塚さんによると「7月から11月までのわずか4ヵ月ほどで作らなければならなかった。作業内容を考えると、おそらく日本の長編アニメ史上の最短記録をマークしたのではないか」と語っています。

しかし、そのせいで作画の時間が足りなくなり、宮崎監督は「シーンの大幅なカット」を余儀なくされました。特に後半部分(Cパート、Dパート)では「オートジャイロを使った派手な空中戦」や「時計塔での大アクション」などを予定していたにもかかわらず、残念ながら全てカット。

事前に描かれたイメージボードを見ると、「クラリスを救出したルパンと銭形がオートジャイロに乗ってカゲたちのジャイロと戦う」みたいなスカイアクションを考えていたようですが、宮崎監督は「これを描いていたら公開日まで間に合わない!」と泣く泣く決断したんでしょうねえ…。

ルパン三世 カリオストロの城

ルパン三世 カリオストロの城

だがしかし!例え大幅にカットされていたとしても、『カリオストロの城』の面白さが揺らぐことは全くありません。凄い映画はカットされても凄いんですよ!というわけで、『ルパン三世 カリオストロの城』は今も昔も変わらず傑作であり続けると思います(^.^)

 

アマプラで観られるホラー映画おすすめ15選

映画『キャビン』

映画『キャビン』


さて今日はハロウィンということで、例年なら街中では様々な仮装を楽しむ人で混雑しているはずですが、コロナ禍真っ只中の今年はいたって平穏。いつもニュースで取り上げられる渋谷にも仮装客はほとんど見当たらないようです(去年の2割程度)。

やはり、まだまだ新型コロナの影響が色濃く、予断を許さない状況が続いているからでしょうねえ。というわけで本日は、ハロウィンを自宅ですごす人向けにAmazonプライムビデオで観られる映画(プライム会員は見放題)の中から、いくつかオススメのホラー作品を取り上げてみますよ。

 


●『キャビン』
「バカンスを楽しむために人里離れた山小屋へやって来た若い男女が、地下室で古い書物を発見し、そこに書かれていた呪文を唱えたことから恐ろしい何かが目を覚まし…」という、完全にどこかで聞いたようなストーリーの本作ですが、観ているうちに「あれ?なんか変じゃね?」と異変に気付くでしょう。

なんと、話が進むにつれてホラー映画の定番シチュエーションが出るわ出るわ!さらに終盤からクライマックスにかけて繰り出される怒涛のサプライズは必見!『アベンジャーズ』のジョス・ウェドン監督が脚本を書き、『マイティ・ソー』のクリス・ヘムズワースが若者の一人を演じている点もポイント高い。 

●『クワイエット・プレイス
未知の怪物によって人類のほとんどが滅ぼされた近未来。怪物は異常に優れた聴覚を持っていたため、生き残ったアボット一家は音を立てずに生活し、会話も手話で行っていた。そんなある日、隠れ家が怪物に見つかり…

「絶対に音を立ててはならない」という設定のため、ほとんどセリフなしでストーリーが進行する本作は、監督のジョン・クラシンスキーが自ら父親役を演じ、母親役を実際の奥さん(エミリー・ブラント)が(つまり夫婦役を本物の夫婦が)演じるという配役になっています。

さらに耳が不自由なリーガン役に抜擢されたミリセント・シモンズは、実際に耳が聞こえません。このように、劇中の状況を出来るだけリアルに再現しようと試みた結果、本作は全編に渡って緊張感が溢れる異色のホラーとなりました。

製作にマイケル・ベイが加わっているせいか、終盤で派手な見せ場が飛び出しますが、全体的には静かなトーンで統一されている点が特徴でしょう。

●『ハッピー・デス・デイ』
「ヒロインが謎の殺人鬼に何度も殺される」というタイム・ループ要素を加えたホラーですが、トム・クルーズ主演の『オール・ユー・ニード・イズ・キル』やジェイク・ギレンホール主演の『ミッション8ミニッツ』みたいに、何度も同じ日を繰り返すたびにどんどん経験値が蓄積され、その経験値を駆使して殺人鬼に立ち向かっていくというアイデアが面白い。

●『ハッピー・デス・デイU2
『ハッピー・デス・デイ』の続編はさらに面白要素がパワーアップし、パート2でありながら視点やテイストが異なり(ホラーというよりSFコメディ?)、しかも前作の出来事を伏線としてしっかり描いているため、『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』的なノリで楽しめますよ。ぜひ1と2を連続でご覧ください。

●『イット・フォローズ』
クエンティン・タランティーノが「こんなホラー映画は観たことない!」と絶賛したと言われる本作は、「エッチするとヘンなものに追いかけ回される」というストーリーだけ聞くとなんじゃそりゃ?って感じなんですが、実際に観てみると普通に怖かったです(笑)。追いかけてくる奴らがとにかく不気味で、得体の知れない怖さがあるんですよねえ。

●『ライト/オフ』
これも「電気を消すと何かヘンなものが現れる」という非常にシンプルな設定なんですが、そういう”日常に潜む恐怖”を描いたシンプルさが良かった。ちなみに、元ネタは動画投稿サイトに公開された短い映像で、凄まじい再生回数を叩き出したそうです。

●『COP CAR/コップ・カー』
2014年、あるホラー映画の予告編がYouTubeにアップされました。『クラウン』というタイトルのそのホラー映画は、実は本編が存在しない「予告編だけ」の自主制作映像だったのですが、なんとイーライ・ロス監督がそのニセ予告編を気に入り、長編映画化が決定。

予告編をアップして映画監督への切符を手に入れた男がジョン・ワッツだったのです。完成した『クラウン』は「ピエロの衣装が脱げなくなって徐々に怪物に変貌していく男」を描いた物語で、衝撃的な殺戮描写が話題となりスマッシュヒットを記録。

高評価を得たジョン・ワッツは、すぐさま2作目の『COP CAR/コップ・カー』に着手しました。「二人の少年がたまたま見つけたパトカーに乗り込んだことで、恐ろしい事件に巻き込まれていく…」という脚本を読んだケヴィン・ベーコンは大いに気に入り、なんと主演だけでなく製作総指揮まで担当する熱の入れよう。

そして2作目もヒットさせたジョン・ワッツは、3作目でついにトム・ホランド主演の『スパイダーマン:ホームカミング』、4作目で続編の『ファー・フロム・ホーム』を監督することになったのです。

それにしても、まさか2014年にYouTubeで動画を投稿していた人が、3年後の2017年に製作費1億7500万ドル(約183億円)のハリウッド超大作映画を撮ることになるとは……もの凄いスピード出世だなあw

●『遊星からの物体X
犬の顔がパカー!っと割れたり、人間の首がグニュニュ~!っと伸びたり、特殊メイクを駆使したアナログな特撮が公開当時(1982年)は衝撃でしたが、38年後の今観てもやっぱり気持ち悪くて最高ですね(笑)。なお、同時期に『E.T.』が大ヒットしていたせいで、本作はほとんど話題にならなかったそうです、トホホ(T_T)

●『遊星からの物体X ファーストコンタクト
そんな『遊星からの物体X』の前日譚として作られた『ファーストコンタクト』は、「2つの顔が融合した変死体」や「壁に刺さったオノ」など、前作で描かれた謎を解明していく「伏線回収」的な展開が見どころの一つ。

そして最大の見どころである”物体X”の造形は、「さすがにCGだろうな~」と思いきや、なんとアニマトロニクスや操演や着ぐるみなどアナログ特撮をベースに作られているらしい。なので、気持ち悪い感じが結構そのまま再現されています(笑)。

●『哭声/コクソン』
韓国国内で観客動員数687万人を超える大ヒットを記録した本作は、フンドシ一丁の國村隼がひたすら暴れ回る怪作です。しかし、國村隼が脚本を読んだ段階では「真っ裸で山の中を走り回る」と書いてあったらしく、それがフンドシになったわけですから「かなり改善された」と見るべきなのかもしれません。

さらに観た人の評価も様々で、一応「小さな村で起きた凄惨な殺人事件を操作していた警察官に次々と奇妙な出来事が襲い掛かり…」というストーリーはありますが、最後に全ての謎が解けてスッキリ解決するようなタイプの映画じゃないんですよね(むしろ謎だらけ)。だがそれがいい!「最後まで何だかよく分からない」という点も本作の魅力の一つだと思います。

哭声/コクソン (字幕版)