ひたすら映画を観まくるブログ

映画やアニメについて書いています

ガイナックスが「丸投げ仕事」で借金を返済していた頃の話

OVA版『アップルシード』

OVA版『アップルシード


どうも、管理人のタイプ・あ~るです。

さて先日、「アニメ制作会社のガイナックスが破産した」というニュースが話題になりました。

ガイナックスといえば劇場アニメ王立宇宙軍 オネアミスの翼を作るために1984年に設立された会社で、以降もトップをねらえ!ふしぎの海のナディアなど数々の人気作品を生み出した老舗のアニメスタジオです。

中でも最大のヒットとなった新世紀エヴァンゲリオンは最初のTV放送から30年近く経った今でも高い人気を保ち続けており、まさにガイナックスの代表作の一つと評しても過言ではないでしょう(※なお、現在エヴァの権利は庵野秀明氏の会社「カラー」が保有している)。

そんなガイナックスがなぜ破産したのか?詳しい経緯は公式ホームページにも載っているので、興味がある方はご覧ください(ちなみに株式会社カラーもこの件について見解を発表しています)。

ガイナックス公式サイト

www.khara.co.jp

どうやら2012年頃から経営状態が悪化し、庵野監督の株式会社「カラー」から1億円を借りたり、ガイナックス保有していた『フリクリ』などの権利を売却するなど、かなりお金に困っていたようですね(負債額は約3億8000万円)。

しかし、そもそもガイナックスという会社は王立宇宙軍 オネアミスの翼』を公開した時点からすでに経営難に陥っていたのですよ。

今でこそ高く評価されている『オネアミスの翼』ですが、1987年に公開された当時はほとんどヒットせず、ガイナックスは大きな借金を背負ってしまいました。

そのため、元々は映画を作った後に解散する予定だったにもかかわらず、借金返済のために経営を継続しなければならなくなったのです。

王立宇宙軍オネアミスの翼

王立宇宙軍オネアミスの翼

しかし、庵野秀明さんが初監督を務めた『トップをねらえ!』や、初のTVシリーズふしぎの海のナディア』など次々と新作を作り続けたものの、借金は一向に減りません(むしろ作れば作るほど負債額が増えていったという)。

当時、ガイナックスの社長を務めていた岡田斗司夫は「このままでは会社が潰れてしまう。何とかしなければ…」と焦っていたそうです。

そんな時、バンダイビジュアルから「ガイナックスさんでアップルシードのアニメを作りませんか?」との依頼が舞い込みました。

アップルシード』といえば、『攻殻機動隊』で知られる士郎正宗先生が手掛けたSFアクション漫画で、2004年には劇場アニメが公開され、2011年には全13話の『APPLESEED XIII』が配信されるなど、過去に何度もアニメ化されている人気作品です。

そんな『アップルシード』を初めてアニメ化したのが、実はガイナックスだったのですよ。

しかもこの時、ガイナックスの苦境を見かねたバンダイビジュアルから「下請けに丸投げして、中間マージンを抜いてもかまわない」とまで言われたらしい(以下、岡田氏の証言より)

アップルシード』は、当時では予算枠がかなり大きいビデオアニメでした。それを「丸受け丸投げしてかまわない」とスポンサー様が言ってくれるわけです。

「丸受け丸投げ」というのは、何もしないで下請け会社に発注し、マージンだけ抜くというやり方です。例えば『アップルシード』という企画を仮に7000万円で受けたら、5000万円ぐらいで下請けの会社にばーんと発注しちゃう。何もしないで、間で2000万円抜いちゃう。

別に珍しい話ではありません。大きい会社だったらどこでもある程度はやってるんですよ。大きい会社はなんでそんなことが出来るのかっていうと、マージンを抜くかわりに納品保証や品質保証をするからです。

岡田斗司夫著「遺言」より)

こうして岡田社長はOVA版『アップルシード』で得た2000万円を借金の穴埋めに使ったそうですが、それでも完済するにはまだまだお金が足りません。そのため、何度も「丸受け丸投げ仕事」を手掛けることになったのです。

OVA版『アップルシード』

OVA版『アップルシード

次に岡田社長が考えたのは、レンタルビデオ屋の店員にアピールできるような作品を作ろう」ということでした。

当時、洋画や邦画は店長がどのタイトルを仕入れるかを決めていましたが、アニメは主に店員が決めていたため、「だったら店員の興味を引くようなアニメを作れば仕入れてもらえるんじゃないか?」と考えたわけです。

そこで色んなビデオ屋をひたすら訪ねてバイトの店員に話を聞いたり、休憩中にどんな雑誌を読んでいるか等を徹底的に調査したところ、最も多い雑誌は週刊プレイボーイであることが判明。

それに気付いた岡田社長は、当時『週刊プレイボーイ』に連載されていた『Beat Shot !!(ビートショット!!)』という漫画に目を付けたのです。

『Beat Shot !!』とは、レーシング漫画『サーキットの狼』で有名な池沢さとし先生が手掛けたゴルフ漫画で、かなり大人向けの内容でした(メインはゴルフだがセクシーな場面も多い)。

岡田社長は「『Beat Shot !!』をアニメ化すれば、『週刊プレイボーイ』を読んでいるビデオ屋の店員が興味をもって発注してくれるに違いない!」と考え、さっそく原作者の池沢さとし先生のところへ依頼に行ったそうです。

当時の池沢先生は『サーキットの狼』で大儲けしていたため、1階が駐車場で高級車が何台も並び、2階は全面ガラス張りという豪邸に住んでいました(岡田社長曰く「ファミレスのジョナサンみたいな家だった」とのこと)。

そして「ガイナックスの総力を結集して凄いアニメを作ってみせます!」などと熱心にアピールした結果、なんと見事にアニメ化決定。ところが、会社に戻って山賀博之さん(『オネアミスの翼』の監督)に脚本を依頼したところ、「そんな仕事はやりたくない」と断られてしまったのですよ。

困った岡田社長が「何でもいいから脚本の代わりになるものを作ってくれ」と言うと、山賀さんは『Beat Shot !!』の漫画をバラバラにして束ねてホッチキスで留めて「はい」と渡してきたそうです(これは酷いw)。

しかも下請けのアニメ会社(マジックバス)に丸投げする際にも「ホッチキスで留めた漫画」をそのまま渡したら、「担当者が一瞬絶句した」とのこと(笑)。

あまりにも適当すぎる制作経緯ですが、この仕事でガイナックスバンダイから制作費として1700万円を受け取り、下請け会社に1200万円で発注し、中間マージンの500万円をゲットしたそうです。

 

次に岡田社長は、レンタルビデオ屋の店員が『週刊プレイボーイ』の他に近代麻雀もよく読んでいることに着目しました。

そこで「『近代麻雀』の人気漫画といえば哭きの竜だ。『哭きの竜』をアニメ化すればレンタルビデオ屋が買ってくれるに違いない!」と考え、さっそく原作者の能條純一先生のところへGO!

そして竹書房の担当者と能條先生に、「全編ロトスコープ(俳優を実写で撮影してトレースする技法)を駆使した作画で、キャラクターがリアルに動きまくる画期的な麻雀アニメを作りましょう!」などと景気のいい話を連発しました。

能條先生は「それはいいね!」と喜び、竹書房の担当者も「お願いします」となって無事にアニメ化決定。しかし、下請けのアニメ会社(マジックバス)に話を持って行ったら「岡田さん、そんなの出来るわけないでしょう」と一蹴されたそうです。

それで仕方なく、「ポンやチーをした時に透過光で派手なエフェクトが光りまくる」という演出でごまかすことにしました。完成したアニメを観た能條先生は「岡田さんの話と違う」「キャラが全然動いてない」などと指摘したものの、「透過光が竜の形になって麻雀牌を食う演出は良かった」と概ね満足したらしい(結局『哭きの竜』のアニメは計3本が制作された)。

ガイナックスはこの仕事を5000万円でバンダイから受注して3500万円で下請けに丸投げし、1500万円の利益を得たそうです。

OVA版『哭きの竜』

OVA版『哭きの竜

こうして岡田社長は、『アップルシード』(1988年)、『Beat Shot !!』(1989年)、『哭きの竜』(1988年~1990年)、『サーキットの狼II モデナの剣』(1990年)など、借金を返済するために次から次へと「丸投げ仕事」を引き受けていったのです。

そのため、この時期にガイナックスが手掛けた(でも実制作は違う)これらのOVAは総じてクオリティが低く、1991年にリリースされた『マネーウォーズ 狙われたウォーターフロント計画』に至っては、あまりにも出来が悪すぎて納品を拒否され、3回作り直してようやく受け取ってもらえたというぐらい酷かったらしい(ただ個人的には、『哭きの竜』は割とよく出来ている方だと思う)。

なお、岡田斗司夫氏は当時の気持ちを以下のように語っていました。

会社が赤字だからこんなことをやるしかないんだけど、実はあんまりやりたくない企画です。本当にその頃は、日銭が欲しかったんですよ。

岡田斗司夫著「遺言」より)

このように「丸受け丸投げ仕事」で日銭を稼いでいたガイナックスですが、ほぼ同時期に赤井孝美さんが作ったPCゲーム『電脳学園』が大ヒットし、さらに『サイレントメビウス』、『バトルスキンパニック』、プリンセスメーカーなど次々とヒット作が生まれ、急速に会社の経営状態が回復していったのです。

そして1995年、ついに新世紀エヴァンゲリオンが誕生!日本中に社会現象を巻き起こし、コミックの発行部数は累計2500万部、LDやDVDの売上は約430万本、『残酷な天使のテーゼ』のセールスは約150万枚(ダウンロード数は200万以上)など驚異的な数字を叩き出しました。

1997年に劇場版が公開されるとブームはさらに過熱し、大量の”考察本”が出版されまくり、ホビーやゲームや様々なキャラクター商品が世に送り出されて好調な売り上げを記録するなど、エヴァがもたらした経済効果は計り知れません。

だがしかし!これでガイナックスも安泰か…と思いきや、なんと1999年に粉飾決算が発覚!約15億円の所得隠しにより5億8000万円を脱税したとして東京国税局から告発されてしまったのですよ、トホホ…

さらにその後も、社長(巻智博)が未成年女性への準強制わいせつ容疑で逮捕されたり、優秀なスタッフが次々と辞めて行ったり、借入金1億円の支払いをめぐってカラーから提訴されるなど、良くないニュースが相次ぎました。

そしてとうとう、2024年5月29日にガイナックス破産…

というわけで約40年に及ぶガイナックスの歴史をざっくり振り返ってみたんですが、もともと設立当初から危ういバランスで成り立っていた会社ではあったんですよね。

だから、もっと早い段階で潰れていてもおかしくなかったと思うんですけど、たまたまゲームやエヴァがヒットしたおかげで何とか経営が継続していた…という感じもするんですよ。

そもそも当時、新規のアニメ制作会社といえば東映動画虫プロタツノコプロなど大手のアニメスタジオに勤めていた人たちが独立して立ち上げるというパターンが多数を占めていた中で、ガイナックス学生時代に自主制作アニメ等を作っていた素人たちが集まって立ち上げた会社なのだから、不安定な経営状態も当然といえば当然だったのかもしれません。

なお、庵野さんや今石さんなど主要なスタッフが抜けた後はアニメ制作会社としての機能はほとんど失われていたようですが、それでも庵野さんはガイナックスを支援しようと経営改善の提案などを申し入れていたそうです(しかしガイナックス側が受け入れなかったらしい)。

この辺の経緯を鑑みると余計に悲しいし、80年代からガイナックスの作品に触れてきたファンにとっても実に寂しい出来事でしょうが、現在はカラーが「ガイナックス」の商標や称号を取得管理しているので、いつか何らかの形で復活してくれることを願っています。

 

遺言

岡田斗司夫氏がガイナックスや作品について様々なエピソードを綴った自伝的な本

押井守監督版『攻殻機動隊』に対する原作者(士郎正宗)の評価

劇場アニメ『攻殻機動隊』(1995年)

劇場アニメ『攻殻機動隊』(1995年)


どうも、管理人のタイプ・あ~るです。

さて先日、攻殻機動隊』の新作TVアニメに関する情報が発表され、ファンの間で話題になりました(制作は『犬王』や『映像研には手を出すな!』のサイエンスSARUが担当)。

theghostintheshell.jp

何故そんなに話題になったのか?というと、『攻殻機動隊』は今まで劇場版やTV版など何度もアニメ化されていますが、士郎正宗先生の原作に準拠した作品はほとんど無かったからです(PS1のゲームに収録されたムービーが最も原作に近いと言われている)。

ところが、今回公開されたポスターや特報映像を見ると”原作の絵”をそのまま使っているではありませんか!

これを見たファンは「ついに士郎正宗の原作に忠実なアニメが作られるのか!?」と期待値が爆上がりしているわけなのです。

youtu.be

が、そもそもなぜ『攻殻機動隊』のアニメは原作から離れてしまったのでしょうか?

1989年からヤングマガジン海賊版にて連載が始まった『攻殻機動隊』は近未来の日本を舞台にしたSFアクション漫画で、欄外にぎっしり書き込まれた膨大な解説や斬新なストーリーなどが多くの漫画好きを魅了しました。

そして1995年に押井守監督の手によって作られた劇場アニメGHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊が公開。ストーリー自体は(映画用に構成し直してはいるものの)概ね原作のエピソードに準じたもので、全く原作と異なっているわけではありません。

しかし原作の主人公:草薙素子は上司に変顔をしたり部下とジョークを言い合うなど軽妙なキャラクターだったのに対し、映画版はクールで大人っぽい感じに改変されていたのです。

さらに原作にあった”細かいギャグ”もことごとくカットされ、マスコットキャラ的なフチコマも登場しないなど、完成した映画は(音楽や世界観等も含めて)完全に「押井守の作品」になっていたのですよ。

当然、「雰囲気が全然違う!」と不満を感じた原作ファンもいたようですが、これ以降の『攻殻機動隊』(神山健治監督の『S.A.C.』や黄瀬和哉監督の『ARISE』など)も押井版のクールでカッコいい雰囲気を引き継いだアニメとして制作されることになったのです。

そのきっかけを作った押井監督は、『攻殻機動隊』のアニメ化について以下のように語っていました。

僕自身、士郎正宗さんの作品は全部好きだったし、『攻殻機動隊』は特に気に入っていた。でもまさか、それが自分に回ってくるとは予想もしてなかったけど。

でも士郎さんの作品って難しいんだよね。アニメになりそうで、なりにくい世界だから。みんな技術的な部分でのウンチクで悪戦苦闘する。それでキャラクターの方を立てようとすると、ただのドタバタになっちゃう。かといって士郎さんらしい世界観を出そうとすると、映画そのものが破綻してしまう。

(中略)

まずキャラクターを変えた。士郎さんの絵は映画にするにはちょっと無理があったから。それと鉄砲だよね。銃器を含むメカデザインは全部変えた。

それから結構不満だった人もいるみたいだけど、フチコマは最初から消えてもらうつもりだった。これにはいくつか理由があるんだけど、まず第1に声。フチコマはマスコット的な印象が強いので、どうしても可愛いものになってしまう。これでは映画全体との兼ね合いが悪い。

もう一つの理由は、サイボーグである素子がフチコマみたいな強力なメカに乗ったら無敵になってしまうということ。アクションシーンが素子のアクションではなくフチコマのアクションになってしまうという危惧があったからね。

(「ロマンアルバム 攻殻機動隊 PERSONA 押井守の世界」より)

こうして押井守監督の解釈や世界観で再構築されたアニメ『攻殻機動隊』が生み出されたわけですが、納得できない原作ファンも少なからずいたようですねぇ。

なにしろ押井監督といえば『うる星やつら』の頃にも「原作を改変するな!」などとファンから批判が殺到し、「高橋留美子先生は『ビューティフル・ドリーマー』を観て激怒した」という噂まで流れていたほどなので(高橋先生本人は「怒ってない」と否定していますが)。

 

では『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』を観た士郎正宗先生はどう思ったのでしょうか?

映画公開後に「週刊ヤングマガジン」1995年11月27日号にて押井監督と対談した際、アニメの印象を以下のように語っていました。

士郎:無茶苦茶リキ入った映像で大変でしたね。ただ、今回は押井さん色が若干抑え気味かな、という気もしたんですが。

押井:単行本が出た時から「人形使い」の話をやりたかったので、ストーリーはあまりいじるつもりがなかったんです。世界観だけをすっぽりと変えてみる、というのが方針で。

士郎:直球、ストレートで勝負した感じがしましたね。

押井:ええ、ミットに届いたかどうかは分かんないけど(笑)。

これを読むと士郎先生の反応としては「もっと大きく改変するかと思ったら意外とそのまんまでしたね」みたいなトーンで、「気に入らない」とか怒っているような印象はありません。

さらに『ぱふ』1995年12月号のインタビューでも「完成度が高くて嬉しいですが、押井氏のカラーがもっと前面に出た方が良かったな…とも思います」とコメント。原作ファンは”押井守的な世界観”が強すぎる点を批判していたのに対し、士郎先生は逆に「もっと押井監督っぽい映画」を期待していたようですね。

 

また、劇場アニメ版『攻殻機動隊』に対する”評価”としては以下のように語っていました。

結果としてこの映画は、”押井氏と原作の最大公約数”的な仕上がりになったと思います。もともと側面攻撃用の変化球である原作(僕にしては最もストレートに近い)を、これまた個性的な押井氏が料理するわけですから、”公約数ストレート”または”暴投覚悟の超曲球”の選択だったのでしょう。

今回は商業的にあまり冒険することが許されなかったでしょうから、ストレート勝負で良かったと思います。音像面でも予想していたほどノイズやガヤがなく、これまた綺麗なストレートでした。主題も主要素である”水”と合っており、良かったと思います。暴力的で無かった点が映画全体のカラーを支配しているのでしょう。

(「押井守全仕事 増補改訂版」より)

このように、士郎正宗さんは押井版の『攻殻機動隊』に対して悪い印象を持ってないというか、むしろ肯定しているようにも見えるんですよね。

しかも別のインタビューでは、過去に作られた『攻殻機動隊』の全アニメ作品の中で「一番観たのは『イノセンス』です」とコメント。

さらに”好きな押井作品”について訊かれたら「『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』と『天使のたまご』です」と答えてるんですよ(もしかして士郎先生、押井監督のファンなのでは?)。

そして、こういう原作者の発言を聞いた他のクリエイターたちが「『攻殻機動隊』のアニメはああいう感じでいいのか」と思った…かどうかは分かりませんが、これ以降はカッコよくてシリアスでギャグ少な目の『攻殻機動隊』が次々と作られていったのです(なお、アニメ版のイメージがすっかり世間に定着したため、初めて原作漫画を読んだ人はあまりのギャップに困惑したらしいw)。

というわけで、新しく作られるTVシリーズが原作寄りなのか、それとも今までと同じくシリアスな路線なのか非常に気になるところですが、2026年の放送まで楽しみに待ちたいと思います。

 

紅殻のパンドラ(1)

士郎正宗が原案を担当し、『攻殻機動隊』の10数年前の世界を描いたSF(ギャグ?)漫画
攻殻機動隊(1)

原作漫画(アニメ版よりもギャグ要素が多め)
攻殻機動隊(1.5)

続編だが草薙素子の活躍は少ない(バトーやトグサがメインの物語)
攻殻機動隊(2)

カラーページが多くて楽しめるものの「クセが強すぎて話がよく分からない」との声もあり
PIECES GEM 01 攻殻機動隊データ+α

設定&イラスト集だが『攻殻機動隊S.A.C』に対する作者の愚痴の多さが気になるw
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX

神山健治監督のアニメ版(公安9課の活躍を描いたSFポリスアクション)
攻殻機動隊 ARISE

黄瀬和哉監督のアニメ版(前日譚的な話だが原作とは設定がかなり異なる)