ひたすら映画を観まくるブログ

映画やアニメについて書いています

『SPEC』と『ジョジョの奇妙な冒険』の共通点


本日、水曜プレミアシネマで『劇場版SPEC〜天〜』が放映されます。本作は、明後日から全国ロードショーとなるシリーズ完結編『劇場版 SPEC〜結(クローズ)〜 漸(ゼン)ノ篇』の前作にあたる内容で、公開当時は続出する謎の多さが話題になりました。『劇場版SPEC〜天〜』に関する解説はコチラの別ブログにまとめてありますので、よろしければご覧ください(^.^)

ところで、『SPEC』シリーズはTVドラマ版の頃から「『ジョジョの奇妙な冒険』に似ている」という指摘が相次いでいました。元々、『SPEC』のストーリー自体が「特殊な能力(スペック)を持った人々との戦いを描いた物語」で、『ジョジョ』第3部の「特殊な能力(スタンド)を持った敵と戦う」内容と類似していたわけですが、話が進むに連れて「これ、わざとジョジョに似せてないか?」という場面がどんどん増えていったのですよ。

当初、製作側は特に『ジョジョ』を意識していたわけではなかったようですが、度重なる視聴者からの指摘に「だったら似せてやる!」と開き直り、あからさまに『ジョジョ』を思わせる場面を連発し始めました。ついには『ジョジョ』を連載している集英社にわざわざ許可まで取って、『ジョジョ』の単行本を劇中に登場させるなど、その行為はエスカレートする一方。先日放映された『SPEC〜零〜』でもジョジョネタが数多く見られたので、ちょっとまとめてみましたよ。


●首に星型のアザ
ジョジョの奇妙な冒険』には「ジョースター家の血族は、首筋に星型のアザを持っている」という設定があるが、『SPEC』でもニノマエの首には星型(劇中ではヒトデ型)のアザがあり、明らかにジョジョを意識している。


●主人公は左手を切断される
『SPEC』の主人公:当麻は、ニノマエとの戦闘で左腕を切り落とされてしまう(後に復活)。『ジョジョの奇妙な冒険』第2部の主人公:ジョセフ・ジョースターもラスボスのカーズと戦った際、左腕を切断されて重傷を負う。


●敵は時間を止める能力を持っている
ジョジョの奇妙な冒険』第3部のラスボス:ディオは時を止めるスタンド「世界(ザ・ワールド)」を使って、止まった時間の中を自在に動き回る。一方、ニノマエは、自身を加速させることで相対的に周りの景色がゆっくり動き、止まっているように見える。この能力を使い、静止した(ように見える)空間の中で悪事を働いていたのだ。


●心臓を握る
『SPEC〜零〜』には「相手の体に傷を付けず心臓を握りつぶす」というスペックホルダーが登場する。そして『ジョジョの奇妙な冒険』では、空条承太郎がスタンドを使って自分の心臓を握るシーンが出てくる。


●車椅子のスペックホルダー
『SPEC〜零〜』のスペックホルダー(上野真帆)は車椅子に乗っている。『ジョジョの奇妙な冒険』第5部のポルナレフも車椅子。


●ギャングのボスの名がディアブロ
『SPEC〜零〜』のボスの名はディアブロ。『ジョジョの奇妙な冒険』第5部のラスボスはディアボロ。実は『SPEC』の方もディアボロにするつもりだったが、色んな事情で変更されたらしい。


●電気を操るスペック
当麻の親友:ナンシーは電気を自在に操るスペックホルダーで、『ジョジョの奇妙な冒険』第4部の音石明が使うレッド・ホット・チリ・ペッパーと同じ能力。


●ポーズが同じ
人の心を読むスペックホルダー:サトリが能力を使う時に見せるポーズと、『ジョジョの奇妙な冒険』第4部のラスボス:吉良吉影が同じポーズをとっている。


●そして時は動き出す
謎の白い服の少女(青池潤)が止まった時間を再び動かす際に発した言葉であり、『ジョジョの奇妙な冒険』のディオのセリフ。


●『ジョジョ』の単行本を堂々と見せる
『SPEC〜天〜』ではとうとう劇中に単行本が登場。ファン大笑いw


●ついに公式サイトまでジョジョを容認
ドラマ版『SPEC』の公式サイトに掲載されたマンガ。もはや完全に開き直った模様。↓


●完結編にもジョジョが!
そして『劇場版 SPEC〜結(クローズ)〜 漸(ゼン)ノ篇』に登場予定の新キャラの名前が「城旭斎浄海(ジョウキョクサイ・ジョウカイ)」。城(ジョウ)と浄(ジョウ)を合わせてジョジョJOJO)!どうやら最終的にはジョジョという名前のキャラクターを登場させて終わるつもりらしい。そこまでやりますか?もう、いっそのこと『ジョジョ』の実写版を作ってくれ!


●満面のドヤ顔でジョジョ立ちを決める堤幸彦監督

堤監督……どんだけ『ジョジョ』が好きなんだよ…


※追記
2014年1月12日(日)21:00から放映された堤幸彦監督最新作『TRICK 新作スペシャル3』にて、ジョジョの奇妙な冒険』第4部の説明を延々と披露するという異常事態が勃発しました。まさか『トリック』にまでジョジョネタをぶっ込んでくるとは(笑)。堤監督のジョジョ好きはもう誰にも止められませんね(^_^;)


※おまけ
『SPEC』のキャラをジョジョっぽく描いてみた画像↓


●関連記事
謎を徹底解説!『SPEC〜結〜 漸ノ篇』ネタバレ感想
衝撃のラストシーン!『SPEC〜結〜爻ノ篇』ネタバレ感想
気になるポイントを考察!『SPEC〜零〜』ネタバレ感想

●人気記事一覧
これはひどい!苦情が殺到した日本語吹替え版映画ワースト10
まさに修羅場!『かぐや姫の物語』の壮絶な舞台裏をスタッフが激白!
日本映画のレベルが低くなったのはテレビ局のせい?
町山智浩が語る「宮崎アニメの衝撃の真実」
「映像化不可能」と言われている小説は本当に不可能なのか?


このブログについて(初めての方はこちらをどうぞ)
トップページへ