ひたすら映画を観まくるブログ

映画やアニメについて書いています

『ターミネーター:ニュー・フェイト』はなぜ失敗したのか?※ネタバレあり

映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』

映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』より


どうも、管理人のタイプ・あ~るです。

さて、現在公開中のシリーズ最新作ターミネーター ニュー・フェイト』ですが、評価に関しては賛否両論大きく分かれており、決して批判的な意見ばかりではありません。

それどころか、2015年に公開された『ターミネーター:新起動 ジェニシス』よりも観客の評価はむしろ高いぐらいで、そういう意味では「健闘している」と言えるでしょう。

『ターミネーター:新起動 ジェニシス』の評価

ターミネーター:新起動 ジェニシス』の評価

『ターミネーター ニュー・フェイト』の評価

ターミネーター ニュー・フェイト』の評価

しかし興行的には、残念ながら製作者たちの期待に応える結果とはなりませんでした。

現時点での全世界興行収入は2億4900万ドルですが、製作費は1億9600万ドル(約212億円)と言われており、さらに莫大なマーケティング費用もプラスされます。

これを回収するためには「最低でも4億8000万ドル以上の売り上げが必要」と見られてるんですけど、もはやその数字は絶望的で、業界関係者によると「100億円規模の赤字になるかもしれない」とのこと。

さらにアメリカの経済誌フォーブスで「『ターミネーター ニューフェイト』はこの世の終わりのような爆死を遂げた」などと報じられたり、完全に失敗作の烙印を押されてるんですよねえ。

では一体、どうしてこんなことになってしまったのでしょうか?その理由を自分なりに検証してみたいと思います。

※以下ネタバレしているので未見の方はご注意ください


●ジョン・コナーの扱いがひどい
まず最初はジョン・コナーについて。本作が公開される前に、とあるイベントでジェームズ・キャメロンが「実はエドワード・ファーロングも出てるんだよ」とコメントしたため、「ジョン・コナーが登場するの!?」とファンは大興奮。

僕も大いに期待していたんですが、結果は「『ターミネーター2』の後に生き延びたジョン・コナーが再びターミネーターに襲われて撃ち殺される」という非常に残念な内容でした。

キャメロンは「『ターミネーター』シリーズの主人公はサラ・コナーなので、ジョンは必要ないだろう」と考え、いきなり冒頭シーンでジョンを殺したらしいのですが、これって、どうなんですかね?

ターミネーター2』が素晴らしかったのは、サラやT-800(アーノルド・シュワルツェネッガー)がジョンを守って懸命に戦う姿や、「ジョンとT-800が互いに影響を受け合って大切なことを学んでいく」というドラマチックな展開に感動したからで、そのジョンを殺してしまったら『ターミネーター2』そのものを否定することになるんじゃないの?

これが『T2』と関係ない話なら、まだ分からなくもありません。しかし「『T2』の正当な続編!」と大々的に謳っておきながら重要キャラクターをいきなり殺してしまうってひどくない?『ターミネーター:ニュー・フェイト』を観た人の多くも、このシーンには納得できなかったんじゃないかなあ。

そもそもキャメロン自身が『エイリアン3』に対して「『エイリアン2』の生き残りのキャラクターを最初の数分で葬り去ったデヴィッド・フィンチャーにはマジで頭にきた」などと批判していたくせに、自分も同じことをやってるってどういうことだよ!?

なお、『ターミネーター:ニュー・フェイト』に登場するジョン・コナーの姿は、エドワード・ファーロングをCGで若返らせ、その顔を子役のジュード・コリーに合成して再現したそうです(CGとは思えないほど本人そっくり!)。


●サラ・コナーのポジョションが中途半端
愛するジョンを殺され「復讐の鬼」と化したサラ・コナーは、未来から送り込まれてきたターミネーターを片っ端から破壊しまくる”ターミネーター・キラー”となるわけですが、「『ターミネーター』シリーズはサラ・コナーの物語だ」とか言ってる割には、サラを中心としたドラマ構成になってないんですよね。

本作のキャラクター配置を見ると「守られる女(ダニー) + 守る女(サラとグレース)」が主人公サイドで、この3人の「ストーリー上における比重」はほぼ均等化されています(厳密に言うとグレースの比重がやや大きく、次いでサラ、ダニーという感じ)。

グレース(マッケンジー・デイヴィス)は言うまでもなく1作目のカイル・リースに相当するキャラクターなんですが、問題はダニー(ナタリア・レイエス)が1作目のサラ・コナーほど魅力的なキャラに見えないこと。代わりにサラが前に出すぎ…というより、リンダ・ハミルトンの存在感が強すぎてキャラのバランスがおかしなことになってるんですよ。

もし本当に『ターミネーター』がサラの物語なら、もっとサラのポジションを明確にしないとダメでしょう。”主人公”でもない割にはかなり目立ってるし、かと言ってストーリーの中心的人物でもないし、もの凄く中途半端なんですよねえ。

つーか、ダニーって守られすぎじゃね?グレース、サラ、T-800という「3人の強キャラ」にガッチリとガードされているせいで、主人公としての存在感が薄くなっちゃてるような気がするなあ。


●T-800の設定がおかしい
ターミネーターは本来「人類を抹殺するために作り出されたマシン」で、『T2』の時は捕獲したターミネーターを再プログラムし、「ジョン・コナーを守れ」という指令を新たに与えたから主人公たちの味方になったわけですが、本作のT-800は勝手に「いいロボット」になってるんですよね。どういうことなの?

もしかしてスカイネットのプログラムでは「目的を完了したターミネーターは以降の自由行動を許可する」「人間と仲良くなってもOK!」みたいな指示になってるんでしょうか?そんなバカな(笑)。

この辺の設定が曖昧なせいで、シュワちゃんが「カールおじさん」を自称し、人間社会に溶け込んで幸せな家庭を築いているという状況が全く飲み込めませんでした。つーか、人間と一緒に暮らすだけならまだしも、サラにターミネーターの到着情報をいちいちメールで連絡するとか、不可解な行動が多すぎるでしょ(苦笑)。


●みんなターミネーターに飽きている?
映画『ターミネーター』のあらすじをもの凄く簡単に言うと「未来からやって来た恐ろしいロボットに主人公が追いかけ回される話」です。しかし(身もふたもない言い方になりますが)そろそろ皆さん、こういうストーリーに飽きてきてるんじゃないのかな?と(笑)。

なぜなら、『ターミネーター』シリーズは基本的に「凶悪なマシンが執拗に主人公を追い回し、途中でカーチェイスやヘリコプターなどの派手なアクションを見せながら、最終的には工場みたいな広い場所で対決して主人公が勝つ」というストーリーを何十年も繰り返しているからです。

当然、『ニュー・フェイト』もこういうストーリー構成になっており、「この”お約束”を外したらターミネーターじゃなくなる」という事情もまあ分かるんですけど、さすがに「同じような展開を何回見せられるんだ?」と(笑)。

でも基本プロットは変えられないから、何か変化を付けようとしても、敵の設定やデザインを変更するとか、アクションシーンをもっと派手にするとか、それぐらいしかやり様がないわけですよ。

そう考えると『ターミネーター2』はすごい続編でしたねえ。前作よりも強い敵を出しつつ、前作の敵を味方にするという逆転の発想!2作目でこんなことをやられたら、後のシリーズはもうこれ以上のサプライズなんて思い付かないよ(苦笑)。


というわけで、『ターミネーター:ニュー・フェイト』がいまいちヒットしてない理由をあれこれ考えてみたんですが、やはり「ターミネーターに飽きてる説」が一番有力な気がしますね(笑)。

個人的には、リンダ・ハミルトンが28年ぶりにシリーズに復帰したことは嬉しいんですけど、それ自体が見どころになってしまい、物語上の必然性があまり感じられなかった点は残念でした。

あと、「スカイネットを倒したら次はリージョンだ!」っていつまで経っても終わらねえじゃねえか!と(笑)。続きを作る気満々なラストシーンですが、ちょっと難しいでしょうねえ。