ひたすら映画を観まくるブログ

映画やアニメについて書いています

沖浦啓之監督の執念が凄い!劇場アニメ『人狼』の秘密を徹底解説!

劇場アニメ『人狼』
劇場アニメ『人狼』より
■あらすじ『深刻な社会不安に悩まされる高度経済成長下の日本。首都圏治安警察機構には、強化服と重火器で武装し、ケルベロスの俗称で恐れられている特機隊があった。その一員、伏一貴は、反政府ゲリラ掃討作戦を展開中に遭遇した一人の少女が自爆する姿を目撃する。その光景が脳裏に焼きついて離れない伏のもとに、ある日彼女の姉と名乗る雨宮圭が現れた。』


本作は、押井監督のライフワークとも言える『紅い眼鏡』『ケルベロス』に続く三部作の一つ、『犬狼伝説』シリーズの劇場用アニメーションだ。舞台を昭和30年代架空の日本に置き、国家公安委員会直属の実動部隊:首都警の伏一貴と、ある事件をきっかけに出会った少女:雨宮圭との悲しく切ない恋を描いた物語である。

しかし、今回は内容についてではなく、「普通に見ていたのでは絶対に気付かないこの映画の凄さ」について書いてみたいと思う。

元々『人狼』は30分のビデオシリーズとして企画されたもので、当初は押井守が自分で監督する予定だったが、『攻殻機動隊』の仕事が入ってしまったので断念。そこで当時『パトレイバー2』などで頭角を現していたアニメーター:沖浦啓之に白羽の矢が立った。しかし、押井監督から「お前、監督やらないか?」と言われた沖浦は、「何で僕がやるんですか!?」と全く乗り気ではなかったそうだ。

なんせ、当時の沖浦は監督どころか演出経験も無く、コンテすらまともに切ったことが無かったのである。結局、「まあ、ビデオシリーズの一本ぐらいだったら…」という事でしぶしぶ引き受ける事になったのだが、その後、この企画は劇場用作品へと大幅にスケールアップ!

ある日突然その事を告げられた沖浦は「いつの間にそんな話になったんですか!?」と腰を抜かさんばかりに驚いて、激しく押井監督に詰め寄ったらしい。最終的には「自分の好きなようにやらせてもらえるなら」という条件付で、ようやく監督を引き受けたそうだ。

しかしそこからがまた苦難の連続で、こだわり過ぎる沖浦監督の性格がアダとなり、当初の製作予定期間を大幅にオーバーして、完成までになんと3年もかかってしまったのである。いったい、何にそんなにこだわったのか?

実写なら何でもないシーンでも、アニメで描くと大変な時間と労力を要する場合がある。アニメーター出身の沖浦監督はその苦労をイヤというほど知りながら、「どうしてもやりたいから」と以下のポイントにこだわったのだ。



中身を感じさせるプロテクトギア

沖浦監督が一番心がけたのは、プロテクトギアの中に人間が入っているという感じを出すことだった。通常、アニメでは甲冑を着たとたんにサイボーグのような動きになってしまい、人間の存在が感じられなくなる。そこで、「甲冑部分は人間が動く時、体に遅れて動く。歩いているだけでも甲冑部分は揺れる」という具合に、とことん動きにこだわったのだ。


揺れるスカート

この映画の中のスカートは、歩くたびに揺れ、走るたびに翻る。しかも自然に!実は、アニメーションでこれを表現するには、大変な手間がかかるのだ。普通、アニメーターがスカートを描く場合、それをブリキの筒のように考え、その中で足が前後しているように描く。そうしないと効率が悪いからだ。

しかし沖浦監督はそんな現状に不満を持ち、リアルなスカートの動きを表現しようと試みた。「走るとスカートが足にまとわりつき、右足が前に出た時、後ろから見るとスカートの右後ろが引っ張られて奥へ動く」という異常に細かい作画を、省略することなく丁寧に描いてみせたのである。忍耐力も尋常ではない。

なお、スカートの長さは全て膝丈になっているが、沖浦監督は本当はもっと長いスカートにしたかったという。だが、膝下までのスカートにすると膝の位置が分からなくなり、作画が一層困難になるため諦めたらしい(映画完成後、「次回の目標はロングスカートですね」と発言してアニメーターを怯えさせたそうだw)。


夜の雨の中を走る電車

電車は形が不変で、なおかつ車と違って決まった線路の上を走っている。それが、手前から入ってきて止まるだけでも途方もなく大変なのに、その後また走り出す。アニメでは、形の変化しないものをずっと描き続けるのは至難の業なのだ。しかも電車は徐々に減速し、加速もする。

今ならCGを使えば簡単に作画できてしまうようなシーンだが、これを全て手描きするとなればその苦労たるや計り知れない。しかも、雨が降っているシチュエーションなので、濡れた路面に電車が映り込んでいる様子や、ライトが当たった部分だけ雨が強く降っているように見せなければならない。

このシーンは、現場のアニメーターからは相当嫌がられたにも関わらず、「どうしてもやりたいんだ!」と強引に押し切ったらしいのだが、良く見たら「電車の中の車掌の動き」まで細かく描き込んであるのだから凄すぎる!難易度的には「米粒に曼荼羅を描くぐらい難しい」とのこと(笑)。


吹雪と顔に張り付いた雪

まず、雪を雪らしく降らせること自体がアニメーションでは困難で、しかもその吹雪の中、カメラが引いていくと狼の顔の片側だけに雪がへばりついているようにしたかったという。技術的にこれも非常に難しい作画である。狼はその場を動かない上にキャメラは退き、その動かない狼の顔の同じ位置に雪を描かなければならないからだ。このシーンも、スタッフから苦情が殺到したらしい。


アニメーターも裸足で逃げ出す、恐怖の螺旋階段

この映画の中で、一番目立たない割には最もアニメーターが苦労した場面がここだろう。伏と圭がデパートの屋上に上る時に使う“螺旋階段”である。普通の人は全く気にも止めないであろうこの「一見なんでもないシーン」、実はアニメで再現するにはとてつもなく難しいのだ。

まずアニメーターがラフを描き、それを元に美術監督がコンピュータを使ってパースを出し、手描きで清書して、またアニメーターがそれに人物を乗せ直してようやくレイアウトが完成する。

わずか3秒ぐらいのこのシーンに尋常でない手間が掛かっており、またそれぐらい手間を掛けないと「螺旋階段を上るシーン」は描けないのだ。普通の階段でもその空間の水平線と階段の消失点の2つが生じるので描くのは大変だという。

それが、螺旋階段になるともはや計算不可能になり、想像力と理屈、あとはアニメーターの画力のみで描くしかない。どんなベテラン・アニメーターでも「こんなの描けません!」と土下座して許しを請うぐらい、メチャクチャに難易度が高いシーンなのである。

普通の監督ならこんなシーンは入れないだろう。もっと簡単な見せ方はいくらでもあるし、極端に言えば無くても成立するシーンなのだ。試写を見た押井監督でさえ、「なんてとんでもない事をやってるんだ!俺だったら絶対にやらない!」とド肝を抜かれたらしい(ちなみにこのシーンを描いたのは、副作画監督も務めた凄腕アニメーターの井上俊之さん)。

しかし、この映画を観て「凄い動きだなあ!」と驚く人は、せいぜいアニメの監督かアニメーターぐらいだろう。普通の人の目にはあまりにも動きが自然すぎて、特別な事をやっているとは思えないからだ。

しかも『人狼』のキャラクターにはほとんど影がついていない。これは、「動きを優先させる為には、少しでも影が少ない方が有利だから」という沖浦監督の判断によるものだが、この決定で影によって形をごまかす事が出来なくなり、アニメーターの画力だけでキャラクターの立体感を表現しなければならなくなった。

おまけに観客の目には単に「地味なアニメ」としか映らないのだ。スタッフの苦労が増える割には観客の反応はイマイチという、作る側としてはなんともやりきれない思いであっただろう。実にもったいない話である。

なお、『人狼』はモブシーンにも非常に力を入れていて、一つの画面内に大勢の人物が登場する場面でも一人一人の動きをきちんと計算し、違う歩き方や個性的な動作を作画しているという。

その動きがあまりにもリアルだったため、沖浦監督が海外の映画祭に出席した際、現地の観客から「あれはロトスコーピングだろ?」と訊かれ、「いや、トレースは一切していない。全て自分たちで描いている」と答えたらひっくり返って驚いたらしい。

また、以前『マトリックス』のウォシャウスキー監督が押井監督とこの映画を観た時、「なんてリアルな水の動きなんだ!CGなのか!?」と非常に興奮し、押井監督が「全部手描きだよ」と教えると仰天したそうだ。やはりアニメオタクの心には響くものがあったのか(笑)。

そこまでして動きにこだわった理由は、もちろん沖浦啓之がアニメーター出身の監督だからである。アニメーターの本質とは言うまでもなく「絵を動かす事」であり、優秀なアニメーターであればあるほど「動画のチカラ」を信じているのだ。

押井監督によると「沖浦の作画はねっとりしている」とのこと。『イノセンス』のラストで、バトーが装置の中から少女を引っ張り出すシーンの原画を描いたのが沖浦監督なのだが、明らかに「キャラクターの芝居」が多いのだ。

普通なら、カメラワークやレイアウトや人物のセリフなどで誤魔化してしまうようなシーンでも、全てキャラクターの演技によって成立させようとしている。まさに頑固一徹アニメ職人”と言うしかない。

ちなみに押井監督は『人狼』を観た時、「予想以上にいい映画になってる。やっぱり俺の書いた脚本が良かったんだな」と自画自賛していたが、それを聞いたスタジオジブリ鈴木敏夫「押井さんが監督しなかったから良かったんだよ」と笑っていたそうだ。


●関連記事
押井守監督長編アニメ『イノセンス』作品解説
完成まで7年!押井守も呆れた『ももへの手紙』

●人気記事一覧
これはひどい!苦情が殺到した日本語吹替え版映画ワースト10
まさに修羅場!『かぐや姫の物語』の壮絶な舞台裏をスタッフが激白!
日本映画のレベルが低くなったのはテレビ局のせい?
町山智浩が語る「宮崎アニメの衝撃の真実」
「映像化不可能」と言われている小説は本当に不可能なのか?


このブログについて(初めての方はこちらをどうぞ)
トップページへ