ひたすら映画を観まくるブログ

映画やアニメについて書いています

実写映画版『キューティーハニー』庵野秀明監督作品

アメリカの最低映画を決めるラジー賞のノミネーションが先日発表されたが、同賞の日本版とも言える文春主催の「きいちご賞」(週刊文春1月27日号にて掲載)も発表された。本賞は映画記者、評論家、20人の投票により決定されるらしい。

その「きいちご賞」で圧倒的な支持のもとワースト1位に輝いた作品は、伊崎央登主演のデビルマン。受賞理由は「出演者があまりにもダイコン」と言う厳しいコメントが寄せられた。

2位は宇多田ヒカルの夫の紀里谷和明が監督したことで話題となったCASSHERN。この作品に対しては「宇多田ヒカルが歌う曲のプロモーション映画」とバッサリ。

世界の宮崎アニメ最新作として記録的な大ヒットとなり、興行的にも成功しているハウルの動く城ですら「声優もストーリーも絵もすべてダメ」と、怖いものなしの批判が続く。

制作者側からすれば聞くに堪えない批評ばかりだが、ここまでズバリ辛口意見が掲載されると読者には新鮮な印象を与える。常に社会の問題点、矛盾点を見逃さない姿勢の週刊文春ならではの企画だ。(FLiXより)

というわけで、本日は実写映画版『キューティーハニー』について書いてみる。

■あらすじ『如月ハニーの正体はアンドロイドだ。戦う意味を知らず、愛する感情を持たなかった彼女の前に突如現れた謎の秘密結社パンサークロー。そして戦いの中で出会った友人、秋夏子と早見青児。揺ぎ無い友情を知った今、愛の戦士が目を覚ます!』



実写映画版『キューティーハニー』は、2004年に狂ったように公開された「アニメの実写化映画」の中の一本である。当時は『キャシャーン』、『忍者ハットリくん』、『デビルマン』などの珍作・迷作ばかりを連発していたが、振り返ってみると先陣を切って公開された『キャシャーン』が一番マシだったのでは?と個人的には思っている。

というよりデビルマンインパクトが強すぎて他の映画はあまり覚えていないだけなのかもしれないが。そんな中で公開された『キューティーハニー』も、残念ながら映画の完成度は極めて低いと言わざるを得ない(もちろんデビルマンよりは遥かにマシなんだけど、デビルマンと比較する事自体が既に間違っていると思われ)。

一言で言えば「全体的にサブい映画」である。暗くてシリアスなキャシャーンとは対照的に、キューティーハニーはひたすらノー天気なテンションで突っ走り、多少は楽しい気分になるかもしれない。しかし至る所で挿入されるギャグがことごとくすべっているのだ。

半裸の佐藤江梨子がゴミ袋を体に巻いて街中をダッシュするオープニングから既にサブサブ・パワー全開であり、この時点で客の大半は引いてしまうだろう。しかしこの後も追撃の手を緩める事無く、ロシアの永久凍土並みのサブいエピソードが炸裂するのだ。正直、これはキツい。

そもそも、どういう経緯でこの映画の製作が決まったのかと言えば、居酒屋での与太話から始まったらしい。『さくや妖怪伝』の打ち上げの席で樋口真嗣が酔っ払って「次はキューティーハニーやりましょう!実写で!」と言ったのがきっかけだったそうだ。

さくや 妖怪伝 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2011-12-21)

当時の樋口真嗣は、『平成ガメラ』三部作などで特技監督を担当し、優れたヴィジュアルを生み出すことで高い評価を受けていたものの、あくまでも裏方だった。しかし、『さくや妖怪伝』の撮影時に「巨大化する松坂慶子」のVFX場面を担当した際、あまりにも松坂慶子の演技が素晴らしすぎて、「自分も監督をやりたい!」と思ったそうだ。

そこで『キューティーハニー』を提案したわけだが、樋口がトイレへ行っている間に、たまたま同席していた庵野秀明が監督をすることに決まっていたという。トイレから戻った樋口は、そんな短時間で企画をさらわれてしまった事に愕然としたらしい。ちなみに、樋口真嗣広末涼子をハニーにしようとしていたが、庵野秀明の要望で佐藤江梨子に決まったとのこと。

また、この映画の見所の一つは「ハニメーション」と名づけられた独特の表現方法で、アニメーターが描いた原画に合わせてハニー(佐藤江梨子)を1コマずつ撮影し、それに爆発などのデジタル合成処理を加え、それらを繋げて動画にしている。

要するに「人間パラパラマンガ」というわけだが、この原画を描いたのが『フリクリ』や『アベノ橋魔法商店街』などのガイナックス作品で腕を振るってきたアニメーター:今石洋之である。つまり完全にアニメの方法論を実写に持ち込んでいるのだ。

しかし今石の描く原画はキャラに変なパースがついていたり、動きが異常に誇張されたり、伝説的アニメーター:金田伊功を髣髴とさせるような極めて特殊なアニメーションだった。

したがって「この動きを人間が再現できるのか?」ということが最大の問題点だったらしい。現場ではアクション監督のシンシア・ラスター(80年代の香港映画で活躍したアクション女優)が指導していたものの、“人体構造的に明らかに無理があるポーズ”に対して佐藤江梨子が「そんなの出来ません!」と猛烈に抗議。

しかし現場のアニメーター(摩砂雪)からは、「出来るよ!絵に描けるんだから!!」と逆に激しく言い返されたそうだ。監督の庵野秀明も元アニメーターであることから、本作はまさに「アニメーター主導」で作られた初の実写映画と言えるだろう。

だが、そもそもなぜCGではなく「ハニーメーション」という手法を取ったのか?庵野監督は以下のように説明している。

なんか珍しいのを1個は入れようと思ったんですよ。せっかく周りに一流のアニメーターがいて、アニメーションを理解できるCGのスーパーバイザーもいるんだから、実写のようなアニメが出来ないかなあ、というところから始まったんです。ハニーメーションっていうのは、実写素材を静止画で撮って、それをつないでアニメを作る、いわゆる「スチールアニメ」です。世界初とか言われてますけど、ここまでちゃんとやった人がまだいない、という話なだけで。


20年前にやってたら、なんの話題にもなってないでしょうね。CG全盛の時代に、敢えてこういうアナログっぽいものをやるのがいいと思うんです。やったもん勝ちの一発芸のバカバカしい面白さ、それを楽しんでいただければと思いますね。「いまどき本気でスチールアニメをやるヤツはいないだろう」と、まあそこですよ(笑)。 (角川書店キューティーハニー・コンプリートブック』より)

ちなみに、ロケ撮影をしていた時、原作者の永井豪カメオ出演)が運転するBMWのフロントガラスを、佐藤江梨子がうっかり割ってしまうというアクシデントが勃発。サトエリは半ベソ状態で「ごめんなさい!」と永井豪に謝りまくりだったが、その側で庵野秀明監督はニヤニヤ笑っていたらしい(笑)。


出演:佐藤江梨子市川実日子村上淳及川光博片桐はいり小日向しえ松田龍平京本政樹吉田日出子手塚とおる嶋田久作松尾スズキ加瀬亮田中要次倖田來未篠井英介

監督補佐:尾上克郎摩砂雪 衣装デザイン:寺田克也安野モヨコ出渕裕貞本義行すぎむらしんいち

●人気記事一覧
これはひどい!苦情が殺到した日本語吹替え版映画ワースト10
まさに修羅場!『かぐや姫の物語』の壮絶な舞台裏をスタッフが激白!
日本映画のレベルが低くなったのはテレビ局のせい?
町山智浩が語る「宮崎アニメの衝撃の真実」
「映像化不可能」と言われている小説は本当に不可能なのか?


このブログについて(初めての方はこちらをどうぞ)
トップページへ