ひたすら映画を観まくるブログ

映画やアニメについて書いています

なぜエヴァンゲリオンの庵野秀明は自殺しようとしたのか?


先日、『新世紀エヴァンゲリオン』の監督として有名な庵野秀明氏が、東宝ゴジラ』シリーズ新作映画の総監督・プロデューサーを務めることが発表された。この突然のニュースに驚いた人もいただろうが、もっと驚いたのは同時に公表された庵野氏のコメントである。


エヴァ:Qの公開後、僕は壊れました。」


なんと庵野氏は、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の公開後に鬱(うつ)病を患い、精神的に不安定な状態に陥っていたという。しかも「妻や友人らの御蔭で、この世に留まることが出来た」という言葉からは、自殺未遂にまで至っていたことをうかがわせる。まさかそんなに苦しんでいたとは……。

だが、これを聞いて古くからのアニメファンは思ったはずだ。「ん?この人、前にも同じようなこと言ってなかったっけ?」と。実は1996年、『新世紀エヴァンゲリオン』のテレビシリーズが終わった後、庵野氏は精も根も尽き果て、抜け殻のようになっていたのである。そして深刻な鬱状態を患い、飛び降り自殺を図ろうとしていたのだ。以下、庵野氏のインタビューより抜粋↓

エヴァ』が終わった後、なんか、ものすごく怖い考えに捕らわれたことが一度だけある。それから鬱が激しくなった。死にたくなることもあって、愛を求める絶望的な叫びっていうんですか(笑)。そこまで行って、自分の孤独に耐えられなくなって、先が全く見えなくなったんです。


その時、ガイナックスの屋上に立って、実際に飛び込めるかどうか試してみた。死にたい気分じゃなくて、本当に死にたいのかどうか、それを試したんです。その時は、死ぬのが怖くて痛そうだってことで、物理的な苦痛から退いたんですよね。その後、一人でオイオイ泣いて寝たんです。


そんな状態を引きずってアニメの打ち合わせに出席して、何も頭に入らない。とにかく気が狂いそうになって、どうしたらいいのかわからない!って打ち合わせの席上で突然叫び始めてしまったこともありました。その後、一人になってみようと思って、久しぶりに自分のアパートに帰ってみたら、もう恐怖そのものみたいな感じに包まれてしまって。


本当に自分の存在が消え失せてしまうように感じられて、言葉にならない。このままだと自分が何をするかわからないんで、着替えて外へ飛び出して、「タクシー!」って大声で叫んでから、ガイナックスに来て明かりの中で人に近付いてね、自分を落ちつけることにしたんです。 「スキゾ・エヴァンゲリオン」(大田出版)より

庵野秀明 スキゾ・エヴァンゲリオン
太田出版 (2014-11-20)

エヴァTV放送後の庵野監督の貴重なインタビュー集。知らない間にKindle版が出てたw

どうやら庵野氏は、『エヴァ』の新作を作るたびに凄まじい激務とプレッシャーに晒され、精神をやられていたらしい。ただ、あまりにも自殺未遂の頻度が多いもんだから、ガイナックスのメンバーはこの件に関して、「ああ、また言ってるよ…」と冷ややかな目で見ているようだ。以下、キャラクター・デザイナーの貞本義行氏や、アニメーターの摩砂雪氏の発言(「パラノ・エヴァンゲリオン」)より↓

摩砂雪:俺はみんなに聞きたいんだけど、庵野の自殺未遂に惹かれちゃうのが、ちょっとあいつの罠なんじゃないかなって(笑)。


貞本:そんなに苦労してるとは、思っちゃいけないんですよ(笑)。


摩砂雪:俺たちはそれをわかってるんだけど、他の客がいる飲み屋の席で、庵野「俺は自殺したい」とか、とつとつとやり出すわけよ。これはまずいなと思って、それを打ち消すためにこっちはフォローしてさ。「お前、人前でそんな話するな」って。


それでその場で終わると思ったら、今度はスタッフの打ち上げでまたそれを言うんだよ。なんてカッコ悪い奴だと思って(笑)。俺とマッキー(鶴巻氏)はあれを聞いて、もう頭抱えてしゃがみ込んじゃって。庵野、それを言わなきゃお前はカッコいい男なのに、なんで皆の前で言っちゃうんだって(笑)。


貞本:しょっちゅうそういうの、僕ら真っ先に聞かされるじゃない?「中央線に飛び込みたくなったんだ」とかさ。「ここで飛び込めば死ねると思ったんだよね」とか言って(笑)。


摩砂雪:だってもう、山賀なんか…


貞本:どうしてお前、そこで飛び込まなかったんだと(笑)。


摩砂雪:お前が飛び込んだら、俺、絶対拍手しちゃうよって(笑)。


貞本:ガイナックスの屋上から飛び降りようと思ったって言っても、「あんた、あそこから飛び降りても、足が折れるだけだよ」って、ノドまで出かかったんだけど(笑)。

庵野秀明 パラノ・エヴァンゲリオン
太田出版 (2014-11-20)

エヴァ制作スタッフによる「庵野秀明欠席裁判」を掲載したインタビュー集

う〜ん、どうやら庵野氏の自殺未遂は毎度お馴染みの恒例行事らしく、周囲のスタッフもあまり真剣に受け止めていないような感じだ。でも、どうしてこんなに毎回自殺をほのめかすような発言を繰り返すんだろう?「俺はこんなに一生懸命エヴァを作ってるんだよ!」ということを皆にアピールしたいのかなあ(^_^;)


●関連記事
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』の制作裏話
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の制作裏話
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』ネタバレ解説
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を考察 「エヴァの呪縛」とは
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の内容をじっくり検証してみた
押井守が『エヴァンゲリオン』について語ったらしい
岡田斗司夫が『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の疑問を超解釈!

このブログについて(初めての方はこちらをどうぞ)
トップページへ