ひたすら映画を観まくるブログ

映画やアニメについて書いています

『ラッキーナンバー7』映画感想

カゼをひいてノドが痛くて体調最悪なタイプ・あ〜るですが、本日もくじけず映画を観に行ってきましたよ〜ゴホゴホ。あっと驚く大どんでん返しが炸裂する『ラッキーナンバー7』です(ネタバレはしてません)。

■あらすじ『仕事をクビになり、恋人にも裏切られ、不運続きの青年スレヴンは、友人ニックを頼ってニューヨークへとやって来た。しかしニックは不在で、スレヴンはひょんなことから知り合った隣に住む女性リンジーと一緒にニックの行方を捜し始める。そして2人はいつしか恋に落ちてしまった。そんな矢先スレヴンは、彼をニックだと思い込んだギャングによって拉致され、親玉“ボス”の前に引き出される。ニックがつくった多額の借金の返済を迫られ、それを帳消しにする条件として、敵対するギャングの親玉“ラビ”の同性愛の息子を殺害することを強要されてしまうスレヴンだったが・・・。二転三転する巧みなストーリー展開と豪華キャストの共演で贈るスタイリッシュ・クライム・アクション。不運続きの主人公が対立するギャングの抗争に巻き込まれていくさまを、ユーモアを織り交ぜテンポ良く綴ってゆく!』


ん〜、微妙な映画だなあ。いわゆる“どんでん返し映画”なんだけど、オチの部分がちょっと弱い。つーか、オチにたどり着く前にほとんど結末が予測できてしまうのだ。たしかに、映画の最初から最後まで非常に多くの伏線が張り巡らされ、それらを丁寧に回収していくクライマックスはある意味とても親切と言える。

しかし、肝心のラストは『ユージュアル・サスペクツ』や『シックス・センス』など、有名な“どんでん返し映画”ほどのカタルシスは残念ながら無い。勘のいい人なら、冒頭のエピソードを見ただけでオチを見抜いてしまうだろう。せめて、もう二つぐらいは捻ってほしかったなあ。

また、キャラクターはコメディなのに、ストーリーは超シリアスというアンバランスさも観ていて気になった(どうでもいいけど音楽が暗すぎるよ!)。冒頭の悲惨極まりないエピソードと、裸で腰にタオルを巻いただけの主人公があちこち連れ回されるエピソードは、同じ映画とは思えないほどテンションに落差があるぞ。決して面白くないわけじゃないけど、人にオススメするような映画でもないって感じです。

見どころは、ジョシュ・ハートネットブルース・ウィリスモーガン・フリーマンベン・キングズレールーシー・リューダニー・アイエロなどの豪華な役者たちかな。あと、ルーシー・リューの背の低さにはびっくりした。彼女、あんなに小さかったっけ!?全然イメージと違うんですけど。



●人気記事一覧
これはひどい!苦情が殺到した日本語吹替え版映画ワースト10
まさに修羅場!『かぐや姫の物語』の壮絶な舞台裏をスタッフが激白!
日本映画のレベルが低くなったのはテレビ局のせい?
町山智浩が語る「宮崎アニメの衝撃の真実」
「映像化不可能」と言われている小説は本当に不可能なのか?


このブログについて(初めての方はこちらをどうぞ)
トップページへ