ひたすら映画を観まくるブログ

映画やアニメについて書いています

なぜ欧米人はマスクをしないのか?アメコミヒーローの傾向から推察してみた

トランプ大統領

トランプ大統領


どうも、管理人のタイプ・あ~るです。

さて、日本を含め世界中で猛威を振るっている新型コロナですが、4月13日現在、アメリカで確認された感染者は55万人を超え、死亡した人の数もイタリアを上回り(2万2000人)、ついに世界最多となってしまいました。

いったいなぜアメリカでここまでウイルス感染が拡大したのでしょうか?一説によると「マスクの使用率の低さ」が関係しているらしいんですけど、ではどうして皆マスクをしないのか?みたいなことを職場の同僚とダラダラ喋っていたら意外な理由が判明したので、以下にその時のやり取りを書いてみます。

 


僕:アメリカって新型コロナに感染してる人が多いよなあ。なんでだろう?

同僚:マスクをしてないからじゃね?トランプ大統領も「俺はマスクを着けない!」とハッキリ言ってるし、米政府の指針でも「一般国民が感染を防ぐ目的でマスクを着用する必要はない」って表明してるし。

僕:でも米疾病対策センター(CDC)はマスクの使用を推奨してるじゃん。それでもマスクを着けない人が多いってのは、どういうことなんだろう?

同僚:ん~……。ヒーローは口元を隠さないからじゃない?

僕:は?

同僚:ほら、アメコミ映画とか観てるとさ、ヒーローってだいたい口元を見せてるじゃん。

僕:そうかぁ?

同僚:一方、悪人はだいたい口元を隠してるんだよ。だから口元を隠してると悪人っぽく見られてしまう。それを嫌ってマスクを着けない…ってことなんじゃないの?

僕:いやいや、そんなバカな(笑)。

同僚:例えばバットマンに対するベインとか。

バットマンとベイン

バットマンとベイン

僕:あ!本当だ!

同僚:キャプテン・アメリカに対するウィンター・ソルジャーとか。

キャプテン・アメリカとウィンター・ソルジャー

キャプテン・アメリカとウィンター・ソルジャー

僕:なるほど!

同僚:マックスに対するイモータン・ジョーとか。

マックスとイモータン・ジョー

マックスとイモータン・ジョー

僕:マックスは口元だけじゃなくて全部見せてるけど…。

同僚:基本的にアメリカのヒーローは顔や口元を隠さないんだよ。

僕:でもスパイダーマンデッドプールはガッツリ覆面してるやん。

同僚:何事も例外はある。

僕:えええ…

同僚:まあ、スパイダーマンみたいに顔全体を覆っているのはいいんだけどさ。問題は「口元だけを隠しているヒーローがアメリカにはいない」ってことなんだよ。もしそういうヒーローがいて、メチャクチャ人気が高ければ、アメリカ人もマスクを着けることに抵抗を感じてないはずだから。

僕:う~ん、ちょっと強引じゃない?そもそも日本には「口元だけを隠しているヒーロー」っていたっけ?

同僚:レインボーマンがいるじゃないか!

レインボーマン

レインボーマン

僕:ずいぶん懐かしい名前やな(笑)。

同僚:あとは月光仮面とか鞍馬天狗とか…月光仮面は目元も隠してるけど、要するに日本には昔から口元を隠してるヒーローがいたわけで、その原点は恐らく”忍者”だと思う。

月光仮面と鞍馬天狗

月光仮面鞍馬天狗

僕:確かに、忍者は口元を隠してるね。実写だけじゃなくて漫画やアニメにもなってるし、日本人にとっては馴染み深い存在だから、マスクを着けることにも抵抗が無いと。

同僚:そういうこと。

僕:いや、ちょっと待って。アメリカでも忍者は人気があるって聞いたような気がするけど、その辺はどうなの?

同僚:確かに人気はある。ただ属性が”正義”じゃなくて”悪”なんだよ。

僕:属性が悪?

同僚:そう、アメリカの映画にも忍者は出て来るんだけど、主役というよりだいたい悪役だし、ぶっちゃけ向こうではヒールとしての人気が高いだけだと思う。

僕:本当かよ?

同僚:知らんけど。

僕:オイオイ!つーか『ミュータント・タートルズ』は忍者が主人公として活躍してたぞ!

ミュータント・タートルズ

ミュータント・タートルズ

同僚:あったね、そういえば。でもミュータント・タートルズも忍者のくせに口元を隠してないんだよ。つまり、「忍者のように口元を隠すキャラクターは基本的に悪」で、「忍者をヒーローとして描く場合は必ず口元を見せなければならない」ってことなんだろ。

僕:何なんだよ、その謎ルールは?そこまでして口元を隠したくないのか、アメリカ人は!一体なんで?

同僚:う~ん、「文化の違い」が大きいと思うけど…。とにかく向こうでは、マスクで口元を隠している人は「ものすごく怪しく見える」らしいのよ。だからアメリカ人が日本へやって来たら「なぜこんなにマスクをしてる人が多いんだ?」と不気味に感じるんだってさ。

僕:ん~、説得力があるような無いような…どうなんだろう?


…という感じの会話を同僚と交わしてて、これがちょっと面白かったのでツイッターに書いたんですよ。そしたら意外にも反響が大きく、3万4000も「いいね」が付きました。おお~!

さらにリプライもたくさんいただき、その中に「日本人は目で表情を読み取るのに対し、欧米人は口元で表情を読み取る」「口元を隠していると何を考えているのか分からないため、コミュニケーションが阻害される」「相手に与える印象も良くない」「だから皆マスクを着けたがらないのでは…」などの意見があって「なるほどなあ」と思いました。

これらの意見を見ると、本来は口元を隠していたデザインでも、アメリカで映画化する際にわざわざ「口元を見せるデザイン」へと変更された事例もあるようですね。つまり、「それだけ欧米人にとって口元は重要なポイント」ってことなんでしょう。

逆に、日本人はマスクで顔を隠しても意志の疎通にはあまり影響がないというか、むしろ積極的に顔を隠したがる国民性なのかもしれません。戦隊ヒーローや仮面ライダーなんかもほとんど顔を隠してるし。

仮面ライダーの中では唯一、ライダーマンだけが口元をさらけ出してますが、どうしても他のライダーに比べると「弱そうな感じ」が否めないわけで(笑)。やっぱり日本人は顔をマスクで覆っている方が「守られているイメージ(防御力の高さ)」を実感できるんでしょうかねえ。

というわけで本日の教訓:「しっかりマスクを着けましょう!」