ひたすら映画を観まくるブログ

映画やアニメについて書いています

映画『関ケ原』のセリフはなぜ聞き取りにくいのか?

映画『関ケ原』

映画『関ケ原』より

どうも、管理人のタイプ・あ~るです。

本日、テレビ朝日「日曜プライム」で原田眞人監督の超大作時代劇『関ケ原』が地上波初放送されます。

V6の岡田准一石田三成に扮し、徳川家康役所広司)と天下分け目の大決戦を繰り広げる戦国史上最大の歴史スペクタクル!

そんな『関ケ原』を撮った原田眞人監督は、ある”こだわり”を持っていることでも知られています。

それは、「一度カメラを回し始めたら、カットがかかるまで何があっても演技を止めてはならない」ということ。いったいどういう意味でしょう?

例えば、映画のメイキング映像などを見ていると、本番中に役者がセリフを噛んでしまい、「すみません!もう1回お願いします!」と撮り直している場面が映ったりしますよね。

しかし原田監督の現場では、こういうことは許されません。「俺がカットと言ってないのに、どうして勝手に演技を止めるんだ!」と怒号が飛んでくるらしい。

なぜなら、「その演技がOKかどうかは監督である俺が決めることで、役者が判断すべきではない」「例えセリフを噛んだとしても、演技自体が良ければNGにはしない」と考えているからです。

実際、『駆込み女と駆出し男』で主役を演じた大泉洋さんも「物凄い早口で長ゼリフを喋るシーンがあったんですが、原田監督から”絶対に途中で止めるな!”と言われていたので必死でやり続けました」「よく見るとちょっと噛んでるんですけど(笑)、現場ではOKになってそのまま使われてます」と語っていました。

駆込み女と駆出し男

※プライム会員の方は無料で視聴できます

このように、原田監督の撮影方法は「間違えようが何をしようがとにかく最後まで喋り続けろ」というものなんですが、そのせいでセリフが聞き取りづらくなっちゃってるシーンがあるんですよね。

駆込み女と駆出し男』もそうですが、『関ケ原』が公開された時も「登場人物が何を喋っているのか良く分からない」という苦情が来ていたそうです。確かに『関ケ原』を観ると、時代劇にしては異常にセリフのテンポが早いんですよ。

石田三成を演じた岡田准一さんも「原田組のテンポはとにかく早い。時代劇は情感を大事にすると教わってきたので、原田監督の”セリフにも動きにも間合いはいらない”という考え方は非常に刺激的でした」と驚いたそうです。

なるほど、時代劇でよくある”間(ま)”をほとんど取らず、早口で勢いよくまくし立てることであのテンポが生まれたんですねえ。ただ…

ワンカットの中で膨大なセリフを一気にワーッと喋る独特のリズム感は確かに面白いとは思いますが、果たしてこのスピードに観客は付いて来れるのだろうか?と、その辺がちょっと気になりました(^.^)