ひたすら映画を観まくるブログ

映画やアニメについて書いています

『三度目の殺人』ネタバレ解説/真犯人は誰?


どうも、管理人のタイプ・あ〜るです。
昨日、テレビで是枝裕和監督の『三度目の殺人』が放送されました。

30年前に殺人を犯して服役していた三隅(役所広司)が、出所後に勤めていた工場の社長を殺し、火をつけた容疑で逮捕され、犯行も自供し死刑はほぼ確実。

そんな状況の中、弁護を担当することになった重盛(福山雅治)は、何とか刑を軽くするために調査を始める。

しかし、三隅の供述はコロコロ変わるし、被害者の娘・咲江(広瀬すず)も何かを隠しているようだし、怪しいことが次々と…

果たして社長を殺したのは誰なのか?そして事件の真相とは…?という法廷サスペンスなんですが、放送後にテレビを見た人から「いったいどういうこと?」などと疑問の声が上がったらしい。

なぜなら、この映画は「最後に真犯人が判明して全ての謎がスッキリ解決!」みたいなストーリーでは全然ないからです。

そのため、最後まで観ても誰が社長を殺したのかわからないし、そもそも”三度目の殺人”って何なのか?など、モヤモヤばかりが残ってしまうのですよ。

では、どうしてこういう映画になったのか?というと、是枝監督が「社長を殺した犯人が三隅(役所広司)なのかどうかをハッキリ決めずに撮影を開始したから」だそうです。

是枝監督によると「たぶん三隅が殺してるんだろうけど、映画の中では”もしかしたら咲江(広瀬すず)かもしれない”という可能性も残している」とのこと。

実は、脚本を書いている段階では割とハッキリしてたんですが、撮影しているうちに「誰が犯人かわからない方が面白いんじゃないか?」と思えてきて、役所広司さんも「最後までよくわからないところがいいですね!」と言ってくれたので、最終的にそうなったと。

しかし、弁護士:重盛役の福山雅治さんは非常に気になったらしく、「本当に三隅が殺したんじゃないんですか?」と役所広司さんに直接聞いていたそうです(笑)。

でも、福山さんからそう質問された役所さんは、答えるどころか「福山くんはどう思う?」と逆に聞き返し、余計に福山さんのモヤモヤは充満していったらしい。



まあ福山さんはやり辛かったようですが、是枝監督としては「目の前にいる殺人犯らしき男にどう接したらいいのかわからない…という重盛の心情をリアルに演じられて、逆に良かったんじゃないかな」とのこと。

つまり、この映画は監督が”そういう風に作っている”ので「良くわからない」という感想が当たり前なんですが、そんな中でもいくつかポイントになる映像が出て来ます。


●十字架
焼死した社長の燃え跡や、三隅が庭に作ったカナリアの墓など、本作には「十字架」を思わせる映像が何度も登場します。これはもちろんキリスト教的な隠喩であり、「罪を背負った者」を象徴しているのでしょう。

●雪の中で寝転ぶ3人
三隅、咲江、重盛が雪の中で寝転ぶシーンをよく見ると、三隅と咲江は「十字架」の形になっていますが、重盛は足を開いて「大の字」で寝ています。つまり「この時点では重盛は何もしていないけれど、三隅と咲江はすでに罪を犯している」という意味なのではないかと。

●頬をぬぐう仕草
三隅への判決が言い渡され、裁判所から出て来た重盛が右手で左の頬をぬぐうシーン。実はこれと全く同じ仕草を三隅と咲江もやっています。それは、社長を殺したときに浴びた返り血をぬぐう場面でした。


つまり、重盛もこの瞬間(頬をぬぐった時)に誰かを殺して罪を背負ってしまった…ということを表しているのですよ。「誰か」とはもちろん死刑を言い渡された三隅のことです。

すなわち「一度目の殺人」は”30年前の事件”、「二度目の殺人」は”社長殺し”、そして「三度目の殺人」とは、”法律によって殺される三隅自身”のことだったのです。

●ガラスに映る顔
映画の終盤、三隅と重盛が向かい合って最後の会話をしているシーンで、仕切りのガラスに重盛の顔が映り、三隅の顔と重なる場面があります。

このシーン、撮影中に是枝監督が偶然見つけて急遽追加したらしいのですが、「今まで弁護側にいた重盛が、三隅と同じポジション(罪を背負った者)に同調する」という意味だそうです。

●十字架の中で佇む重盛
映画のラスト、道の真ん中で立ちすくむ重盛の姿が映りますが、よく見ると道が十字架(十字路)になってるんですよね。つまり、この映画は最後に重盛も十字架を背負ったところで終わっているのです。そこが非常に象徴的だなと思いました。

なお、重盛と三隅が会話する接見室はセットなんですが、非常に気密性が高く、長時間撮影していると内部の酸素が足りなくなり、役者もスタッフも意識が朦朧としていたらしい。

そのため、セットに酸素ボンベを持ち込んで、時々酸素を吸入しながら撮影していたそうです。大変だなあ(^^;)


●人気記事一覧
これはひどい!苦情が殺到した日本語吹替え版映画ワースト10
まさに修羅場!『かぐや姫の物語』の壮絶な舞台裏をスタッフが激白!
日本映画のレベルが低くなったのはテレビ局のせい?
町山智浩が語る「宮崎アニメの衝撃の真実」
「映像化不可能」と言われている小説は本当に不可能なのか?


このブログについて(初めての方はこちらをどうぞ)
トップページへ