ひたすら映画を観まくるブログ

映画やアニメについて書いています

『ジュラシック・ワールド』の日本語吹き替え版に関する大問題!

さて本日、金曜ロードショーで『ジュラシック・ワールド』が放送されます。

世界中で大ヒットした『ジュラシック・パーク』シリーズの4作目で、公開中の続編『ジュラシック・ワールド/炎の王国』を宣伝するためなんですが、日本語吹き替え版をめぐってちょっとした騒ぎが起きていたのをご存じでしょうか?


まず、2015年に『ジュラシック・ワールド』が劇場で公開された時は、俳優の玉木宏が主役のオーウェンクリス・プラット)、木村佳乃がヒロインのクレア(ブライス・ダラス・ハワード)の声をそれぞれ吹替えていました。ところが映画ファンから批判が殺到!

曰く「キャラクターのイメージと全然合ってない!」とか「なぜプロの声優を起用しないんだ?」などのクレームが続出したらしい(個人的には玉木宏のアフレコが下手とは思わないけれど、クリス・プラットのワイルドな風貌に玉木の”クールな声”は合わないような気がしました)。

ただ、この日本語吹き替えは後にブルーレイにも収録されるわけで、いわば”公式版”とも言えるキャスティングなんですよ。

にもかかわらず、2017年8月に金曜ロードショーで地上波初放送が決まった際、なんと日本テレビは「違う俳優で作り直そう」と決断したのです。こうして、新たに山本耕史仲間由紀恵を起用した「金ロー版吹き替え」を独自に制作、テレビで放送されました。

しかし、事実上の”失格の烙印”を押される形になった玉木と木村の両事務所は「そんなにウチの俳優が気に入らないのか!」と大激怒。日テレ側との間に険悪なムードが漂うことになったらしい。

しかも、この時点で2018年に『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の公開が決まっており、日本の配給会社や宣伝担当者は「う〜ん困った!次回作はどの俳優に吹替えを頼めばいいんだ?」と大弱り(いや、「プロの声優を起用する」という発想はないの?)。

そんなゴタゴタがありつつも、結局は前作に引き続いて再び玉木宏木村佳乃が吹き替えを担当することが決まり、配給会社は一安心。ただ、そうなると気になるのが金曜ロードショーですよね。

当然、『炎の王国』が公開されるタイミングで1作目の『ジュラシック・ワールド』を放送するはずですが、その際に一体どちらの吹き替えを放送するのか?

結果は………なんと劇場公開版!つまり「玉木&木村版の吹き替え」が放送されたのです!えええええ!?これは”日テレ側が事務所や配給会社に配慮した”ってことなのでしょうか?う〜む…

理由は良くわかりませんが、とにかく日テレがわざわざ時間と費用をかけて作った「金ロー版」は放送しないという決断を下したわけで、恐らくもう二度と「山本&仲間版の吹き替え」を観る機会はないでしょう。

なぜなら、金曜ロードショーが作った吹替え版を他のテレビ局が放送することはあり得ないし、今後ブルーレイやDVDに収録される可能性もほぼゼロだからです。

つまり「山本耕史仲間由紀恵の日本語吹き替え」は”幻の封印作品になってしまったのですよ(2017年放送の金ロー版を録画した人は「お宝映像」になるかもしれないので持っていた方がいいと思うw)。

まあ、個人的には別にどっちでもいいんですけど、「せっかく作った吹替えを封印するなら作らなきゃいいのに…」とか、「山本耕史仲間由紀恵の立場はどうなる?」とか、「そもそもちゃんとした声優を使えよ!」とか、色んな意味でモヤる案件でしたねぇ。


●人気記事一覧
type-r.hatenablog.com
type-r.hatenablog.com
type-r.hatenablog.com
type-r.hatenablog.com
type-r.hatenablog.com