ひたすら映画を観まくるブログ

映画やアニメについて書いています

ガンダムの父、吼える!富野由悠季と恩田尚之

ついに先週から劇場版『機動戦士Zガンダム星を継ぐ者―』が公開された。予告編を観た時は結構面白いのでは?と思ったけど、一向に「面白い!」という声が聞こえてこないのは何故だろう?

まあそれはともかく、映画公開にちなんで今週号の『プレイボーイ』に富野監督本人のインタビューが掲載されていた。さっそく読んでみると、もうかなりの高齢のハズだが、その言動は相変わらずブっ飛んでいて驚かされる。まったく年を感じさせないどころか、呆れるほどに元気なジイサンだ。

「僕は映画化の話を頂くまで、Zガンダムの事なんかすっかり忘れていました。嫌な事は必死で忘れようとしていたんですよ」といきなり爆弾発言が飛び出して、インタビュアーのド肝を抜きまくる。その後も壊れた暴走機関車のように次々と危ないコメントを連発させる様に至っては、もはや開いた口が塞がらない。

「ある人は、劇場版『Zガンダム』を見た後に猛烈にセックスしたくなったそうです。今回、シャアと女性兵士の“大人の関係”を暗示させるようなシーンがあるんですが、それを見ていてもわかりますよ。ああ、こいつら5〜6回は寝てるな、と」、「アムロフラウ・ボウの関係?本当は一発ヤリたがってたんだよ!」などと、下ネタトークが全開だ。どうやら今回の『Zガンダム』はエロスを喚起させるようなシーンが満載らしい。お子様が鑑賞しても大丈夫ですか?

挙句の果てには自分の好きなアイドルの事に話しが及ぶと、凄まじいハイテンションで熱く語り始める始末。「松浦亜弥を超えるタレントはいませんッ!特に『午後の紅茶』のCMの、あのヘソ出しは必殺でしたね!あれ、商品化されてないんでしょうか?あったら是非欲しい!」と、映画監督とは思えないほどのヒートアップぶり。オイオイ、Zガンダムの話はどうなったんだよ!?

なお、ファンの間では結構有名な話だが、TV版の『Zガンダム』を製作中にアニメーターの北爪宏幸と意見が対立。ついにブチ切れた富野監督が北爪を平手で殴った、という噂話が業界で囁かれていた事があった。以前、その真相を岡田斗司夫氏が北爪氏本人に確認したところ、「殴られたのは僕じゃなくて、制作進行の人です」との事。作画監督の北爪氏を殴るわけにはいかないから、北爪氏を睨み付けながら制作進行を殴ったらしい。怖ッ!

しかし、その後も富野監督にまつわる面白エピソードは途切れる事が無く、今回の劇場版『Zガンダム』製作中にも、アニメーターの恩田尚之と富野監督の間に様々なトラブルが発生した模様。そして、とうとう我慢の限界に達した恩田氏は、自分のホームページに現場で起こった不平不満を洗いざらいぶちまけるという、信じられない暴挙に出たのである(現在は閉鎖されている)。以下、恩田尚之氏の日記に書かれていたコメントから一部抜粋してみた。

「2004/08/12/木曜
この日は、劇場版『Zガンダム』という仕事をやってきて最悪の日になりました。自分でも確かに安彦キャラを消化出来ず、殆どのカットが“生きた絵”という部分にまで至らずに失敗してしまっているのは認めます。しかしながら、自分のスタイルまで否定されてしまう結果になるとは思っても居ませんでしたね。


いや、そう言う結果になるかも知れないと危惧していたので、企画当初に「自分が本当にやっていいのか?」と何度となくお尋ねしていたのに……。蓋を開けてみれば予想通り……本当に予想通り。苦笑するしかない。全否定ですもん。部分的に失敗しているとかそんな話じゃない。描き方そのものを全否定ですよ。


そりゃ無いですよ!俺は、どうしてもって頼まれたから、辛かったけど渋々やっていたんですよ。限度ってモンがあります、失礼にもね。絵が気持ち悪いとか、表情が生きてないとか、そんな批判は甘んじて受けますよ。俺は一言だって安彦さんの絵が描けるだなんて言ってないし、描きたいとも言ってませんからね。いい加減気が付いて欲しいですね。


何もかもが企画通りに進んでなくて、此処に来て人選すらミスだったと言う事になる。これは、俺等頼まれアニメーターの所為では断じて無いですよ!まるで、俺個人の認識不足や勉強不足の所為で今の悪い結果になっているような扱いですが……違いますよ。勿論、実際に個人としての力量不足は有るので、それは否定しませんけどね。


もう正直、疲れました……。良いところがあったと言われれば救われていたかも知れませんけど。モチベーションはゼロです。見返してやるぞって気も勿論無いです。まあ、そうは言っても第1部に関しては最後まで責任をもってやります。良くない絵は良くない。その通りですしね。お前の絵は気持ちが悪い!大いに結構。間違ってない。俺もそう思ったし。


でも、描き方が違うという話は別。まるで違う次元の話です。しかし、そう考えると無駄な一年だった。いや、色んな意味で勉強にはなったので無駄ではないか。ギャラもスタジオ拘束費しか貰ってないけど、ダメだったんだからそれでも良いし。可哀相なのはZファンのみんなかな。申し訳ないが絵には期待しないでください。本当にすみません。

いやはや、酷い有様だ。ここまで書くなんて、恩田さん相当ストレスが溜まってたんだなあ(良く無事に映画が完成したもんだ)。もしかして、第2部と第3部は違う人が作画監督になるのだろうか?それにしても富野さんって、本当にいくつになってもパワフルな監督だねえ。

ちなみに、先日本屋でとんでもない表紙の本を発見して腰が抜けそうになった。なんと富野監督が全裸になって何かを叫んでいるのだ!いや、写真じゃなくて絵なんだけど。ちなみにこの絵を描いたのは『ローレライ』の樋口真嗣監督である。

最初はもっとおとなしいデザインだったが、富野監督から「勢いが足りない!」とクレームがついて描き直したらしい。おまけに本人自ら表紙と同じポーズをとって「これを描け!」と樋口氏に迫ったそうだ。あまりの迫力に樋口氏もビビって、デジカメを撮る手が震えたらしい(まさか全裸になったわけじゃないよな!?)。

それにしても物凄いインパクト!いったい何の本かと思ったら、監督が様々な分野の人たちと本音トークを繰り広げる対談集だった。内容はアニメとは全く関係ないが、なかなか濃い話ばかりで読み応えがある。しかし、よりにもよってなぜこんな表紙になってしまったんだろう?買うのに相当勇気がいるぞ。

●人気記事一覧
これはひどい!苦情が殺到した日本語吹替え版映画ワースト10
まさに修羅場!『かぐや姫の物語』の壮絶な舞台裏をスタッフが激白!
日本映画のレベルが低くなったのはテレビ局のせい?
町山智浩が語る「宮崎アニメの衝撃の真実」
「映像化不可能」と言われている小説は本当に不可能なのか?


このブログについて(初めての方はこちらをどうぞ)
トップページへ