ひたすら映画を観まくるブログ

映画やアニメについて書いています

チャウ・シンチー主演『カンフーハッスル』感想

カンフーハッスル

■あらすじ『しがないチンピラのシン(チャウ・シンチー)は斧頭会というヤクザにあこがれて豚小屋砦と呼ばれる貧困地区でカツアゲを決行、逆にコテンパンにやられてしまう。しかしそこに偶然斧頭会のメンバーが通りかかった為、ついに全面戦争が勃発してしまった!想像を絶するカンフー・バトルが今、炸裂する!』



カンフーハッスルはとにかく猛烈に「バカバカしい&下らない」映画である。ストーリーに整合性は無く、描写にリアリティは微塵も感じられない。完全にマンガの世界なのだ。したがって少林サッカーを見て「これはダメだ!」と感じた人には全く受け入れられない映画だろう。しかしナンセンスな笑いが好きな人、そしてカンフーが好きな人にはお薦めの映画である。

ただし、最大の特徴は「さえないおっさんやおばさんが大活躍するカンフー映画という点なのだ。これは「一見みすぼらしく見えるおっさんやおばさんが実は全員カンフーの達人だった」という設定の為だ。しかも驚くべき事に、それを演じている役者達がかつてブルース・リー等のカンフー映画で大活躍していた本物の「カンフーの達人」なのである!

中でも大家の奥さんを演じるユン・チウは、当初友人の付き添いでカンフーハッスルのオーディションに来ていただけで出演する気は全く無かったらしい。ところが会場の隅でタバコを吸いながら新聞を読んでいるその姿を見たチャウ・シンチーは「僕のイメージにぴったりだ!」と強引に口説き落とし、なんと28年ぶりにカムバックする事になったのだ。

そして特筆すべきは究極の殺し屋・火雲邪神を演じたブルース・リャンだろう。ザンバラ髪のハゲ頭に、だらしなくオヤジシャツとシマシマパンツを身に付け、足元はサンダル履きという異様な風体の中年男性。一見してホームレスと間違われそうなこの怪しげなおっさんこそ、70年代に香港映画界最強の男とまで呼ばれた「伝説のカンフーマスター」だったのである!

20年間に渡って70本以上のカンフー映画に出演した後引退していたのだが、「ブルース・リャンの大ファン」というチャウ・シンチーの熱烈な出演依頼によって、今回15年ぶりにスクリーン復帰を果たしたのだ。

ただし「バカバカしさ」の点で言えば少林サッカーの方が上である。少林サッカー少林寺拳法とサッカーをドッキングさせるという発想自体が既にバカバカしかったのだが、本作はストレートにカンフーだけで勝負している。

しかもカンフー映画の大ファンであるチャウ・シンチーは、意外と真面目に「本格的カンフー映画」に挑んでいるのだ。まさに長年あたため続けてきた夢の映画であり、気合の入れ方が違うという事が分かる。

だがそれが良い方向ばかりに作用しているとも言いがたい。「ありえねー!」というキャッチコピーを掲げながらも、実際には少林サッカーの方が遥かに「ありえねー映画」だったと思う。ぶっ飛び具合が中途半端なのが惜しまれる。

さらにチャウ・シンチーの活躍場面が予想以上に少ないのも困った問題だ。途中まで完全に主役がおっさんやおばさんになっているのである。ここらへんにもう少し工夫があればもっと面白い映画になったかもしれない。ちょっと残念だなあ。

ちなみに、シンチーは「日本のマンガは好きですか?」というインタビュアーの質問に「はい、好きです。特に浦安鉄筋家族グラップラー刃牙ドラゴンボールが大好きです」と答えている。まさにそのまんまの映画だ!