ひたすら映画を観まくるブログ

映画やアニメについて書いています

ムーン・リー主演『群狼大戦』ネタバレ感想

群狼大戦:ムーン・リー萌え〜

■あらすじ『超ド級のバイオレンス・アクション!香港版ダイ・ハード、ここに頂点を極める!!子供たちで賑わうテーマ・パークが地獄の戦場と化す!!!壮絶なるガン・アクション!!!!香港映画界を震撼させた衝撃のラスト・シーン!!!!!』って、それほど大した内容じゃないぞ(笑)



という訳で問題作の「群狼大戦」である。昨日に続いてムーン・リー主演作2連チャンなのだが、これは何故かというと先日ヤフオクにてムーン・リー主演映画のビデオがまとめて出品されていたのを偶然見つけてしまったのだ。全部で800円だったので思わずゲット、順番に鑑賞しているという次第なのです。

久しぶりに見てみたが、カンフー映画というよりガン・アクションがメインになっている印象だ。敵味方入り乱れての壮絶な銃撃戦が見所の一つである。しかしよく見ると、ヘンな銃が混じっているのに気が付いた。何とロボコップに出ていた「オート9」ではないか!

オート9という銃はベレッタM93RをベースにカスタマイズされたSFガンである。したがって「ロボコップの世界」にしか存在しないハズなのだが、何故か時々香港映画には登場する事があるのだ(ジャッキー・チェン主演の「シティー・ハンター」にも出ていた)。香港では当時、この銃が流行っていたのだろうか?

またキャラクターでは、若い頃のロー・ワイコン(ケネス・ロー)が殺し屋の役で出演している。彼はジャッキー・チェンの「酔拳2」で、ジャッキーと壮絶なバトルを繰り広げた俳優だ(元はジャッキーのボディガードだったらしい)。この映画でも出番は少ないが、ラストで凄まじいカンフーを披露している。

そして最大の見所(と言っていいのかどうか分からないが)は、やはりラストの「爆破事故」のシーンだろう。敵のボスが追い詰められて自爆を図るのだが、それに気付いたムーン・リーとシベール・フーが2階の窓から外へと飛び出す。しかしわずかに間に合わず、22人の体は炎に包まれた!するといきなり画面がストップモーションになり、以下のテロップが流れるのだ!

「主演女優ムーン・リーとシベール・フーは映画芸術の真実性を高める為、自ら危険なスタントに挑戦し重症を負った。彼女たちの勇気とプロ精神に心から敬意を表したい」


そしてそのまま映画終了。……ってコラー!!!!!

ドラマは結局どうなったんだよ!?ストーリーの途中で終わっちゃってるじゃねえか!おまけにエンディングでは包帯でグルグル巻きにされてミイラのようになった2人の姿を延々と写してるし!人命軽視にもほどがある!
こんな映画公開すんな〜!
ちなみにムーン・リーは現在女優業を引退し、幸せな結婚生活を送っているようだ。あのままアクションを続けていたら絶対に死んでいたはずなので一安心である。良かった、良かった♪